国内

厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言

長沢麗奈容疑者(21)

逮捕された長沢麗奈容疑者(21)に新たな証言が

 神奈川県厚木市で幼い姉弟が車内に放置され、熱中症で死亡した事件。逮捕された無職・長沢麗奈容疑者(21)の男性関係や、子どもたちを乗せていた車についても新たな事実がわかってきた──。

 7月29日午後4時50分頃、長沢容疑者は「子どもふたりがぐったりしている」と119番通報し、救急隊員が駆けつけたが、1歳の長男は搬送先の病院でまもなく死亡が確認された。その後、治療中だった2歳の長女も8月2日朝に亡くなった。保護責任者遺棄の疑いで逮捕された長沢容疑者は当初、「子どもたちと一緒に車内にいて、スマホを使っていた」「30分ほどエンジンを切って窓を開けていた」などと説明していたが、その後の供述で子どもたちを車内に置き去りにし、1時間ほど知人男性宅を訪問していたことが判明した。

 容疑者の知人・A氏によれば、これまでも長沢容疑者はその男性と逢瀬を重ねていたようだ。

「麗奈さんは離婚が成立しています。数か月前から別の男が麗奈さんに子供が居ることを知りながらも猛アタックしていて、それに引っ張られるように彼女もたびたび、彼の家に行っていたようなんです」

 独り身となり、新たな“恋”を楽しむために、幼い子どもたちを炎天下の車内に放置したのか。

容疑者が使っていた車(写真/共同通信イメージズ)

容疑者が使っていた車(写真/共同通信イメージズ)

 事件当日は日中の最高気温が30℃を超えており、窓を締め切ったままエアコンもかけずに1時間も放置していたとすれば、車内温度の上昇は急激なものだっと予想できる。JAFの調査によれば、エアコンを作動させず窓も開けていない場合は気温35℃の場合、車内の温度は約15分で人体にとって危険なレベルに上がり、さらに放置すると車内は最高52~57℃にもなることがわかっている。

 子どもたちが置き去りにされた車は、車内が決して広くはないコンパクトカーだった。さらにその車は「4ナンバー」で、長沢容疑者の所有車ではなく、知人から借りていたものだということがわかった。前出のA氏が証言する。

「4ナンバーは主に物の運搬に使われる小型貨物車で、今回の車も後部座席はありません。子ども2人分のチャイルドシートを取り付けることはできないので、ただでさえ暑い車内で、柔らかいシートですらなく鉄板のように熱くなる荷台に居た可能性があるんです。50℃は超えていたでしょう。そんな状況を想像すると、胸が痛くて……」

 現場に駆けつけた消防隊員は、毎日新聞の取材に対し、「2人の体は(生身の人としては)これまで触ったことがないほど熱くなっていた」とも語っている。

 炎天下、狭い車内に置き去りにされ、もだえ苦しんだであろう子どもたちの姿を、恋に身を焦がしていた母は想像できなかったのだろうか。

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン