国内

厚木・2児熱中症死 男の家に行っていた21歳女の車は「後部座席なし」の借り物、「鉄板のように熱くなる荷台」新証言

長沢麗奈容疑者(21)

逮捕された長沢麗奈容疑者(21)に新たな証言が

 神奈川県厚木市で幼い姉弟が車内に放置され、熱中症で死亡した事件。逮捕された無職・長沢麗奈容疑者(21)の男性関係や、子どもたちを乗せていた車についても新たな事実がわかってきた──。

 7月29日午後4時50分頃、長沢容疑者は「子どもふたりがぐったりしている」と119番通報し、救急隊員が駆けつけたが、1歳の長男は搬送先の病院でまもなく死亡が確認された。その後、治療中だった2歳の長女も8月2日朝に亡くなった。保護責任者遺棄の疑いで逮捕された長沢容疑者は当初、「子どもたちと一緒に車内にいて、スマホを使っていた」「30分ほどエンジンを切って窓を開けていた」などと説明していたが、その後の供述で子どもたちを車内に置き去りにし、1時間ほど知人男性宅を訪問していたことが判明した。

 容疑者の知人・A氏によれば、これまでも長沢容疑者はその男性と逢瀬を重ねていたようだ。

「麗奈さんは離婚が成立しています。数か月前から別の男が麗奈さんに子供が居ることを知りながらも猛アタックしていて、それに引っ張られるように彼女もたびたび、彼の家に行っていたようなんです」

 独り身となり、新たな“恋”を楽しむために、幼い子どもたちを炎天下の車内に放置したのか。

容疑者が使っていた車(写真/共同通信イメージズ)

容疑者が使っていた車(写真/共同通信イメージズ)

 事件当日は日中の最高気温が30℃を超えており、窓を締め切ったままエアコンもかけずに1時間も放置していたとすれば、車内温度の上昇は急激なものだっと予想できる。JAFの調査によれば、エアコンを作動させず窓も開けていない場合は気温35℃の場合、車内の温度は約15分で人体にとって危険なレベルに上がり、さらに放置すると車内は最高52~57℃にもなることがわかっている。

 子どもたちが置き去りにされた車は、車内が決して広くはないコンパクトカーだった。さらにその車は「4ナンバー」で、長沢容疑者の所有車ではなく、知人から借りていたものだということがわかった。前出のA氏が証言する。

「4ナンバーは主に物の運搬に使われる小型貨物車で、今回の車も後部座席はありません。子ども2人分のチャイルドシートを取り付けることはできないので、ただでさえ暑い車内で、柔らかいシートですらなく鉄板のように熱くなる荷台に居た可能性があるんです。50℃は超えていたでしょう。そんな状況を想像すると、胸が痛くて……」

 現場に駆けつけた消防隊員は、毎日新聞の取材に対し、「2人の体は(生身の人としては)これまで触ったことがないほど熱くなっていた」とも語っている。

 炎天下、狭い車内に置き去りにされ、もだえ苦しんだであろう子どもたちの姿を、恋に身を焦がしていた母は想像できなかったのだろうか。

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン