芸能

ポスト水卜麻美アナに急浮上 日テレ2年目・浦野モモアナ、特技は「大食い」

日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる

日本テレビの浦野モモアナに期待が集まる

 4月に入社した各局の新人女子アナが続々と“初鳴き”するなか、印象的なスタートを切ったのが、日本テレビの浦野モモアナ(23)だ。

 デビューの場となったのは、朝の情報番組『ZIP!』(7月18日放送)。総合司会の水卜麻美アナ(35)に自己紹介するよう水を向けられると、小学生の頃、池袋のデパートで水卜アナと会った時のエピソードを披露し、「“アナウンサーになりたい”と話しかけたら“なれるよ”と答えてくれた」と明かした。その時の言葉を信じ入社できた、と突然告白された水卜アナが、涙ぐむ一幕も。

 日テレ局員が語る。

「憧れの大先輩を前に浦野アナは、相当緊張していたらしい(笑)。同番組でした話は局内でも話題になっています。“小学生の時に水卜アナを見ていた子が入社する時代になったのか”という感慨もあるし、思わず気になって浦野アナの来歴を調べる局員もいましたよ」

 にわかに注目を集める浦野アナは、日本女子大学の文学部出身。特技は「大食い」というのが水卜アナとの共通点だというが、別の日テレ局員は「いい意味で“女子アナらしくない”ところが水卜アナと似ている」とも話す。

「社内研修で同期社員たちといろんな部署を回っていた時の自己紹介での印象で、そう感じましたね。女子アナになるような子って、そういう研修の場から、発声を意識した話し方をするなど“普通の局員とは違うんだ”という雰囲気を醸し出します。

 しかし浦野アナはむしろこちらが“もっと主張したほうがいいんじゃないの?”と思ってしまうくらい謙虚な自己紹介で、周りの局員に溶け込んでいた。“庶民的”な空気を纏っているところは、水卜アナに通ずるものがある。『ZIP!』では、水卜アナとのエピソードを披露せんと多少浮き足立っていましたが、期待は大きいです」

 女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「日テレは他局と違い、女子アナ同士のファミリー的な結びつきが強い。水卜アナを慕う後輩が集って結成した『水卜会』もあるし、彼女の近くで多くのことを吸収すれば、浦野アナが次の“日テレの看板”となる日もくるかもしれません」

 小学生の頃からの目標に追いつく日はくるか。

※週刊ポスト2022年8月19・26日号

名前の由来はドイツの児童文学作品『モモ』から

名前の由来はドイツの児童文学作品『モモ』から

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト