国内

山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)

 安倍晋三元首相(享年67)を銃撃して逮捕された山上徹也容疑者(41)の母親が、近く会見を開く予定だという。母親のA子さんは事件以降、山上容疑者の伯父宅に身を寄せていたが、8月7日になって出ていったことが明らかになった。

「伯父の家を出ていくにあたって、A子さんは『謝罪会見を開きたい』と話していたそうです。現状については『大阪の支援者のところにいる』と家族に電話で伝えています。この支援者というのは、旧統一教会からA子さんに5000万円が返金された際の手続きを手伝った人物です」(全国紙記者)

 山上容疑者は「母親が宗教団体に多額の献金をして破産した。家庭を崩壊させた団体を恨んでいた」と供述している。宗教団体「統一教会」(現・「世界平和統一家庭連合」)に対する恨みが発端となり、元首相を銃撃するという凶行へと繋がったようだ。山上容疑者のTwitterアカウント(現在はTwitter社により凍結)にも〈オレは母を信じたかった〉〈何故に母は兄のため、オレを生贄にしようとするか 〉など母親への愛憎がつづられていた。

 A子さんは息子が事件を起こしたあとも旧統一教会を熱心に信じている。

「A子さんはかなり落ち込んだ様子で、周囲に『申し訳ない』と話してはいるものの、あくまで『旧統一教会に迷惑をかけて申し訳ない』という感情が強いようです。事件後も身を寄せていた伯父宅にも教典を持参していたらしく彼女の信仰心は今も変わりがないのでしょう」(前出・全国紙記者)

 A子さんは一体どのような母親だったのか。山上容疑者の兄の知人が振り返る。

「子どもの頃、何度も遊びに行きました。お母さんはお菓子やジュースを出してくれて、物静かで優しい印象でした。それよりも強く記憶に残っているのは、家の中の至るところにお札が貼ってあったこと。玄関にも、リビングの壁にもです。子ども心に、違和感をもったことを覚えています」

 A子さんが宗教に引きつけられた背景には、育児の悩みや自身の持病があったようだ。

「山上容疑者の兄は、幼い頃に頭をけがした影響で、うまく言葉が出てこなかったり、走ったりするときに体のバランスを取りにくいといった後遺症があったんです。お母さんは、けがや後遺症のことを気にしていたんだと思います。そのうえ自分も持病があって……そういったことが重なって、宗教に傾倒していったのかもしれません」(前出・山上容疑者の兄の友人)

 A子さんが今も変わらず旧統一教会を信仰し続けていることは、多くのメディアで報じられている通りだ。だからこそ、近く会見を開くつもりだとの報道に対しても〈ただ団体をかばうような内容に終始するのではないか〉と危惧する声が寄せられている。

 なお、旧統一教会は8月10日に都内で会見を開くことを発表した。団体をめぐる報道や、教団が受けた被害などについて説明するという。A子さんの会見もあわせて、世間の注目が集まる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン