国内

山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)

最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)

 安倍晋三元首相(享年67)を銃撃して逮捕された山上徹也容疑者(41)の母親が、近く会見を開く予定だという。母親のA子さんは事件以降、山上容疑者の伯父宅に身を寄せていたが、8月7日になって出ていったことが明らかになった。

「伯父の家を出ていくにあたって、A子さんは『謝罪会見を開きたい』と話していたそうです。現状については『大阪の支援者のところにいる』と家族に電話で伝えています。この支援者というのは、旧統一教会からA子さんに5000万円が返金された際の手続きを手伝った人物です」(全国紙記者)

 山上容疑者は「母親が宗教団体に多額の献金をして破産した。家庭を崩壊させた団体を恨んでいた」と供述している。宗教団体「統一教会」(現・「世界平和統一家庭連合」)に対する恨みが発端となり、元首相を銃撃するという凶行へと繋がったようだ。山上容疑者のTwitterアカウント(現在はTwitter社により凍結)にも〈オレは母を信じたかった〉〈何故に母は兄のため、オレを生贄にしようとするか 〉など母親への愛憎がつづられていた。

 A子さんは息子が事件を起こしたあとも旧統一教会を熱心に信じている。

「A子さんはかなり落ち込んだ様子で、周囲に『申し訳ない』と話してはいるものの、あくまで『旧統一教会に迷惑をかけて申し訳ない』という感情が強いようです。事件後も身を寄せていた伯父宅にも教典を持参していたらしく彼女の信仰心は今も変わりがないのでしょう」(前出・全国紙記者)

 A子さんは一体どのような母親だったのか。山上容疑者の兄の知人が振り返る。

「子どもの頃、何度も遊びに行きました。お母さんはお菓子やジュースを出してくれて、物静かで優しい印象でした。それよりも強く記憶に残っているのは、家の中の至るところにお札が貼ってあったこと。玄関にも、リビングの壁にもです。子ども心に、違和感をもったことを覚えています」

 A子さんが宗教に引きつけられた背景には、育児の悩みや自身の持病があったようだ。

「山上容疑者の兄は、幼い頃に頭をけがした影響で、うまく言葉が出てこなかったり、走ったりするときに体のバランスを取りにくいといった後遺症があったんです。お母さんは、けがや後遺症のことを気にしていたんだと思います。そのうえ自分も持病があって……そういったことが重なって、宗教に傾倒していったのかもしれません」(前出・山上容疑者の兄の友人)

 A子さんが今も変わらず旧統一教会を信仰し続けていることは、多くのメディアで報じられている通りだ。だからこそ、近く会見を開くつもりだとの報道に対しても〈ただ団体をかばうような内容に終始するのではないか〉と危惧する声が寄せられている。

 なお、旧統一教会は8月10日に都内で会見を開くことを発表した。団体をめぐる報道や、教団が受けた被害などについて説明するという。A子さんの会見もあわせて、世間の注目が集まる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン