芸能

平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい

平手友梨奈と竹内涼真

ロケ撮影中の平手友梨奈と竹内涼真

 今季の注目民放ドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)。同作はNetflixで配信され世界中で大ヒットとなった韓国ドラマ『梨泰院クラス』の日本リメイク版。竹内涼真(29)演じる主人公・宮部新が、父親を死に追いやった大手外食産業・長屋ホールディングス会長・長屋茂(香川照之)への復讐のため、自身が経営する居酒屋「二代目みやべ」を長屋を超える存在にしようと奮闘する物語だ。

 そんな同作で話題になっているのが竹内の右腕を務めるヒロイン役・平手友梨奈(21)の好演だ。平手が演じるのはIQ162という頭の良さに抜群の運動神経を持つ“完璧な”女性でありながら、ソシオパス(反社会性パーソナリティ障害)を抱えているという複雑な役どころ。平手は圧倒的なビジネスセンスを持つマネージャーとして「二代目みやべ」の繁栄に欠かせない存在となっていく。芸能関係者はこう話す。

「平手さんといえば、欅坂46のメンバーだった頃から魂を削るような、アイドルらしからぬ激しいパフォーマンスに定評がありました。『六本木クラス』でも、周囲に媚びずに我が道をゆく突破力や自由すぎる振る舞いを見せる演技が『ハマり役』と話題になっていましたが、回が進むにつれ竹内さん演じる主人公への恋心が加速し、“乙女な部分”を見せていく平手さんの演技に『ギャップがすごい』と大きな反響が寄せられています」

 8月初旬のある夜、そんな平手と竹内、長屋ホールディングスの御曹司で竹内の天敵・長屋龍河を演じる早乙女太一(30)の3人が絡むロケ現場をキャッチした。六本木の路地裏に倒れ込んだ平手を心配そうに抱きかかえる竹内。その場から走って逃げようとする早乙女に竹内が拳を振り上げる──というシーンだ。居合わせた人はこう言う。

迫真の演技を見せる平手

迫真の演技を見せる平手

「恐らくドラマのクライマックスになるようなシリアスなシーンを撮影していたようなのですが、カットの声がかかると竹内さんも平手さんも笑顔を見せ、和気あいあいとしている様子でした。アスファルトの上に何度も倒れ込む演技をする平手さんを竹内さんが気遣う様子もありました。

 路地は一時的に封鎖されていて、ドラマ用のパトカーを走らせたり、野次馬役のエキストラを道に立たせたりと、かなり大掛かりな感じで撮影が進められていましたが、監督から『OK』のかけ声がかかるとその場に大勢いたスタッフやキャストの人たちは一瞬で撤収していきました。その素早さに驚きましたね」

 テレ朝関係者はこう語る。

「『六本木クラス』の撮影クルーはとにかくチームワークが良い。繁華街での撮影は色々と制約もあり、深夜近くまでかかることもあってかなりハードですが、竹内さんがうまくリーダーシップを取っていますね。平手さんも役柄とは違い、現場では天然な一面を見せてスタッフたちを和ませてくれています。同年代の俳優たちが多いので、笑いが絶えない現場になっていますね」

 視聴率は3話で7.0%まで落ち込んだものの、そこからV字回復して9%台となっている。この勢いで2ケタを達成することができるか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン