芸能

大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配

宮古島(時事通信フォト)

宮古島は大野にとって特別な場所だという(時事通信フォト)

 まばゆいほどの白い砂浜と、眼前に広がるコバルトブルーの海──日本屈指の景勝地として知られる沖縄・宮古島で、ある宿泊施設の建設が着々と進められている。島の一角にそびえ立つ要塞のような建物は、来年1月に竣工予定の巨大リゾートホテルだ。

「設計を手がけたのは島に住む一級建築士。大きな窓から空と海、亜熱帯の樹木が見える自然と融和したデザインで、180度オーシャンビュー、バルコニーの先には『インフィニティプール』と呼ばれる目の前の海とつながっているように見えるプールが設置されているといいます」(地元不動産関係者)

 現地の工事現場の掲示板に、施主として記載されている会社は、東京に本社を置くX社。実は、同社は2016年4月に嵐の大野智(41才)が設立したレジャー会社である。2020年12月31日をもって活動休止に入った大野だが、宮古島から予期せぬ近況が聞こえてきた。

 大野にとって宮古島は特別な場所だという。

「ジャニーズJr.時代、仕事でこの島をはじめて訪れた大野さんは、南国特有の雰囲気と海の美しさに惚れ込み、宮古島の魅力にどっぷりハマっていました。周囲にも『ハワイより好き』と語り、デビュー後も多忙なスケジュールの合間を縫って、休みが取れるたびに島を訪れるようになったのです。

 現地でも、漁船で沖に出て巨大なまぐろや食用魚のタマンなどを釣る姿が話題になっていましたが、都会ほど騒がれることもなく、リラックスして過ごせることが何よりうれしかったといいます」(大野を知る島民)

 島に通ううち地元の漁師やプロアングラー(釣り師)とも顔なじみになった大野は、いっそう釣りにのめり込み、バラエティー番組の企画を利用して二級小型船舶免許も取得している。

「国民的アイドルとして多忙な日々を過ごしていた大野さんにとって、宮古島でのんびり釣りをしたり、絵を描いて過ごす日々はかけがえのない癒しの時間だったといいます。東京に戻ってからも『島に住みたい』と口癖のように言っていました」(大野の知人)

 5年ほど前には、島の中心部に一戸建てを借りて、住んでいたこともあったという。その借家を拠点に大野は釣りを楽しむ一方で、移住の候補地となる手頃な土地を探し始めた。いまも手つかずの自然が残る島の一角に、X社が1200坪の広大な土地を購入したのは2017年。前出の不動産関係者が語る。

「新型コロナの感染が拡大する前、宮古島には国内外から年間100万人以上の観光客が訪れていました。宿泊施設が不足していることにホテル業界が目をつけ、近年は外資系企業も進出。建設ラッシュが始まると、島の地価が10倍から場所によっては500倍近くまで跳ね上がり、バブルの様相を呈していました」

 サンゴ礁でできている島の大半は国の自然保護区域に指定され、建ぺい率も厳しく制限されているため、外部の人間が土地を買うことは容易ではない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン