芸能

あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作

あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う

出産の2か月前に投稿されたインスタ

 前夫である格闘家・才賀紀左衛門(33才)と長女・Aちゃん(7才)をめぐって対立するタレントのあびる優(36才)が、2021年2月に第2子女児を極秘出産していたことがわかった。

 あびると才賀は2019年末に離婚し、当時4才だったAちゃんの親権は才賀が持つことになった。あびるが親権者変更と引き渡しを求める調停を申し立て、2021年2月12日に東京家裁がAちゃんの親権をあびるに変更する決定を下した。しかしAちゃんは才賀との生活を続けており、あびるが彼の《モラハラDV》と《Aちゃんの違法連れ去り》を『週刊文春』で“告発”するなど、双方の言い分が真っ向から食い違う状態が続いている。

 そんななか『女性セブン』の取材で判明した第2子・Bちゃんの極秘出産。現在、1歳になるBちゃんは、才賀とは別の男性との子だという。

「あびるさんは妊娠中から、Aちゃんの親権を勝ち取るまでは、才賀さんはもちろん、世間にBちゃんのことを絶対に知られてはいけないと話していました。離婚して1年以上経っていたので、戸籍上の問題はないはず。それでも、彼女は調停が不利になると考えたのかもしれません」(あびるの知人)

 Bちゃんは、福岡県のあびるの母方の実家に預けられており、あびるとは一緒に暮らしてないという。

「出産後、Bちゃんを実家に預けたのも『調停で不利になってはいけない』という考えからなのでしょう。ただ、調停が終わってからも一緒に暮らしていないのは不思議ですが……。Bちゃんの父親とは籍を入れず、認知もしてもらってないといいます」(前出・あびるの知人)

 なお、あびるの所属事務所ホリプロはこの件について「出産は事実ですが、それ以上のプライバシーについてはお話しできません」と回答している。

 あびるは出産の時期にあたる2021年2月前後も、SNSをいつも通り更新し、私生活に変化があるそぶりは全く見せなかった。

「彼女は出産前後でも、こまめにInstagramに写真を投稿していました。その頃に出産していたと言われてみれば、たしかにダボッとした服装やバストアップの写真が多いような気もしますが、彼女が妊娠中だと気づいたファンはいなかったのではないでしょうか。もともとスレンダー体型なのと、冬服の時期だったので、それほどお腹まわりが目立たずに済んだようです」(芸能記者)

 SNSからは妊娠・出産した様子は全く見られないが、実はこの時期、あびるは唯一のレギュラー番組を休んでいた。

「テレビ埼玉とチバテレビで放送されている通販番組『ガールズハッピースタイル』にあびるさんはレギュラー出演していますが、2021年1月~3月の放送をまるまる欠席していました。もともと出演者がそこまで固定されておらず、あびるさんも毎回告知しているわけではないため、欠席が続いていることに気づいた人は少ないようですが……。ちなみに、準レギュラーである『アッコにおまかせ!』(TBS)も2020年9月を最後に出演していません」(テレビ局関係者)

 第2子の存在を隠し続けたあびる。徹底した極秘出産に、Aちゃんを取り戻すための覚悟が垣間見えるようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン