国内

パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク

吉川議員の名刺を手にする女子大生

吉川議員の名刺を手にする女子大生

「係争中の案件になるので」「今後裁判で明らかになってくると思います」──本誌・週刊ポスト2022年6月24日号が18歳女子大生との「パパ活飲酒」を報じてから55日ぶりに臨時国会に姿を現わした吉川赳・衆院議員は、説明を求める記者たちから再び逃げ去った。

 なお、8月17日現在も本誌は吉川氏から提訴されておらず、「係争中」という虚偽の理由で記者たちの追及を避け、裁判を言い訳に時間稼ぎをしている状態だ。

 一方、報道後に沈黙を貫いていた女子大生・Xさんが、筆者の取材に応じた(独占インタビューは『NEWSポストセブン』にて配信中)。吉川氏が一方的な見解を綴ったブログ(7月15日)を見て、「私たちの税金を使って、ウソばかり並べるのはそろそろやめてほしい」と、決心を固めたという。

 Xさんへのインタビューから浮かび上がったのは、吉川氏の国会議員としての資質が問われる言動とともに、女性を口説く際にも議員という立場を最大限利用していたことだ。アルバイト先のキャバクラで吉川氏と出会った時のことを、Xさんはこう語った。

「席では『愛人契約しないか』『割り切った関係になろう』という話ばかりをされ、うんざりしました。自分にはそういう女の子が他にもいっぱいいるからと言って、『ただホテルに行って、そういうことだけやってお金あげるから』みたいな。そういう関係だという女性の写真もスマホで見せてきました。私は3月に高校を卒業したばかりで4月後半からバイトを始めたので、その時キャバクラを始めて1か月くらいでした。でも、こんなに下品なお客さんはあまりいないので引きました」

 Xさんが「18歳」「大学一年生」と聞いた吉川氏は、その後Xさんを指名。「18歳だから、俺の職業的にシャンパンは入れられない」と自身の職業を“匂わせ”て別のドリンクを勧めたという。

「吉川さんから『俺の職業、当てられないと思うよ』と何度も言われたのですが適当にあしらっていたら、衆議院議員の名刺を渡されました。そうなんだと思って静かにしていると、吉川さんから『もっと驚けよ』と言われました」(Xさん)

 本誌の電話取材でキャバクラには「週に1、多くて2回くらい」行くと答えていた吉川氏には、議員の名刺が有効だという経験則があったのか。

 焼き肉店での飲食について、吉川氏はブログでXさんから〈月内にいわゆる「同伴」に付き合ってほしいと乞われた〉と主張したが、Xさんは「私からは同伴を提案したことはありません」と語る。吉川氏からLINEで「同伴的なので」と食事に誘っていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン