国内

東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」

かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)

かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)

 安倍晋三・元首相の銃撃事件を機に、自民党と旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の関係がクローズアップされている。その中で見逃せないのが、「UNITE(ユナイト)」の存在だ。2015年、安倍政権が推進した安保法制に反対するデモが国会を取り囲み、支持率は急落、若者に抗議活動を呼びかける学生組織SEALDs(シールズ)がマスメディアの脚光を浴びた。その頃、そうした流れに対抗して現役東大生4人が結成したのが「国際勝共連合 大学生遊説隊 UNITE」だ。創設メンバーの4人は全員、旧統一教会の2世信者だ。ジャーナリストの西谷格氏が、彼らに取材したときのエピソードを明かす。

 * * *
 2016年7月某日、私(筆者)は旧統一教会に所属する2人の男性2世信者と、都内ホテルの喫茶ラウンジで向かい合っていた。2人は安倍政権の安保政策を支持するデモなどの政治運動を行なう統一教会系の学生団体「UNITE」(2017年に「勝共UNITE」と改称)の中心メンバーで、団体の設立経緯や活動内容を聞くのが取材の目的だった。

 2人は当時、東京大学に通う大学3年生だった。時間通りに待ち合わせ場所に現れ、ニッコリと柔和な笑みを浮かべてこちらに挨拶した。やや地味だが真面目そうな印象で、特別変わった様子は見られなかった。

 当時、安保法制をめぐって学生団体「SEALDs」が注目を集めていた。UNITE設立の経緯について聞くと、社会問題について研究やディスカッションを行う東大のサークルがあったと言い、こう説明した。

「勝共連合の勉強会に参加して、一緒に演説もさせて頂いた。『だったら学生でやってみてもいいんじゃないか』っていうことで、やらせて頂いたんです」

 サークル名については、「名前はちょっと控えておきますね」と明言を避けた。もしかしたら、統一教会系のサークルだったのかもしれない。設立の際に勝共連合から何らかの推奨や指導があったのかと訊いても、あくまで「学生が自主的に始めた」という説明だった。

――勝共連合から作ろうと言われたのではなく、自主的に作ったんですか?

「そうですね。友達の女性がですね、何かできることないかってことでオファーしたんです」

 当時、メンバーは全国に約400人いて、毎月2回ほど街頭演説をしているとのことだった。ところどころ、統一教会との関係をぼかすような話し方をしていたのが印象に残っている。例えば、「メンバーはほとんど統一教会か?」と訊くと、

「そういうメンバーもいるし、そうじゃないメンバーもいます。割合は分からないです」

 と返された。以下のようなやり取りもあった。

――ほかにはどんな活動をしていますか?

「この前は高校生を50人を対象に講演会をやらせてもらいました」

――その高校生はどうやって集めたんですか?

「なんとか集めました」

――家庭連合が中心ですか?

「そうですね、家庭連合で」

 繰り返し尋ねないと「家庭連合(=旧統一教会)」という団体名が出て来ないのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン