スポーツ

ヤクルト・村上宗隆に「打率を気にするな」球界OBの“三冠王阻止男”が助言

三冠王達成に期待が高まるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)

三冠王達成に期待が高まるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)

 ヤクルトの村上宗隆(22)が三冠王に向け邁進中だ。本塁打41本、101打点は2位を大きく引き離す独走状態(数字は8月16日終了時点、以下同)。

 球界のレジェンドからも「自分のツボがあって、配球を読んで三冠王を獲ったノムさん(野村克也氏)とは全く違うタイプ。穴がなく、逆方向にあれだけ放り込めるのは凄い。背筋が相当強い証拠」(通算350勝の米田哲也氏)と絶賛の声があがっている。

 残るハードルは打率で、1位のDeNA・佐野恵太に2厘差の3割2分と肉薄するが、過去の例ではセ・リーグで「二冠王」は45回あり、そのうち34回が「本塁打・打点」の二冠。つまり“打率だけ逃す二冠王”が最も頻繁にあるパターンなのだ。

「村上はボールを振らなくなったし、三振も減った。いいバッターになったよ。あとは打率だね」

 そう話すのは中日OBで通算2062安打の谷沢健一氏。谷沢氏は1976年に首位打者を獲得し、同年に本塁打・打点の二冠を獲った巨人・王貞治の三冠王を阻止。1980年には同様に打率トップとなって広島・山本浩二を二冠王に留めた経験を持つ。

 ポイントは2度の“三冠王阻止”の際の谷沢氏の打率が3割5分5厘、3割6分9厘とハイレベルだったことだろう。

「王さんや浩二さんの(三冠を阻止した)時と違って、今季はリーグ打率1位の数字がそんなに高くないからね(笑)。そういう意味で村上にチャンスはあるでしょう。イチローのように4割近く打つバッターがいるとホームラン打者の三冠王はハナから難しいからね」

 ただし、数字を積み上げる本塁打・打点と、上下動する打率では意識が変わる。だからこそ、谷沢氏は「率ばかり気にしないほうがいい」と話す。

「当てにいくバッティングになり、こぢんまりしてしまう。だから、打率ではなく安打の本数を目標にするといい。村上は38試合を残して115安打。四球もあるから、あと50本打って160本超えが目標でしょう。毎日の打率の数字は気にしない。そうすれば三冠王になれると思うよ。僕が1976年に首位打者を獲った時も、残り30試合で40本打てばトップを走っていた張本(勲)さんの打率に近くなるという計算でやって1毛差で逆転した。村上もそんな気持ちでやれば3つ取れますよ」

“村神様”の令和初の三冠王達成はもう目の前だ。

※週刊ポスト2022年9月2日号

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン