ライフ

長浦京氏インタビュー「善意の人がどこまで突っ走ってしまうかを書いてみたかった」

長浦京氏が新作について語る

長浦京氏が新作について語る

【著者インタビュー】長浦京氏/『プリンシパル』/新潮社/2310円

 表題は、主要な、重要ななどの意味をもつ形容詞で、名詞形ではバレエの主役や物語等の主人公をも示す。

 長浦京氏の新作『プリンシパル』で主役を張るのは、昭和20年夏、信州から帰る道中の駅舎で玉音放送に接した、〈水嶽綾女〉23歳。東京女子高等師範学校を卒業後、母校の付属校で教師となった彼女は、勤労奉仕等々で授業が成立しない間、恩師〈日野〉の学校の学童疎開に同行し、この日、東京に戻ってきた。7年前に進学を否定され、渋谷神山町の実家を夜逃げ同然に出て以来、絶縁状態だった父〈玄太〉が危篤に陥り、内妻の〈寿賀子〉に電報で呼び出されたのだ。

 父は戦前から関東を牛耳る〈水嶽組〉4代目だった。暴力と非道を常とする父を憎悪し、日野が巣鴨で営む女子寮に16歳で身を寄せた綾女は当然、〈あの狂った家には戻りたくない〉。が、長兄と三兄が出征し、次兄〈桂次郎〉も心を病む中、綾女を新生水嶽商事の社長代行に据えるべく、計画は既に動き出していた―─。

 舞台はそれこそ77年前の終戦の瞬間から、いわゆる55年体制が確立するまでの東京。その激動の10年を、今でいう反社の側に視点を置き、表裏一体に活写してみせた長浦氏は、「基本的に僕は、まさかと思うような史実や事実を元に話を作るタイプ」と自己分析する。

「今回で言えば、47年当時、日本にいた全アメリカ人の給料の1.7倍の金が本国に送金されていて、物資の横流し等々で別収入を得る米兵がいかに多く、いかに日本は搾取されていたかという事実。他にも朝鮮戦争の現場に元日本兵がいたと、当時ソ連が国連に抗議したのも結局は事実でしたし、最近わかりつつある新説が意外と一般には知られていない、だったら僕が書こうというのが始まりでした。

 最初は正直、戦後の話は避けたかったんです。専門家も多いし、既にやり尽くされた感じもあるので。ところがいざ調べてみると、小説にもドラマにもなっていない話が戦後77年経って逆に増えているのを感じたし、戦後史はまだ全く書き尽くされてなどいなかった。僕は虚構の書き手だから尚更そう思うんだろうけど、ウソみたいな本当にあったことほど、面白いものはないですから」

 むろん祖父の代から知る大物代議士〈旗山市太郎〉や葉巻がトレードマークの〈吉野繁実〉、東京に帰る列車で偶然隣り合わせた後の大歌手〈美波ひかり〉も、それっぽい架空の人物だが、「逆に実名にしないことで、事実のままを書けました」。

 それにしても綾女が負う運命はあまりに過酷である。父への挨拶もそこそこに、近くに建つ〈青池家〉を訪れた彼女は、生後すぐに母を亡くした自分を育ててくれた乳母や、兄妹同然に育った〈修造〉、さらにその幼い妹弟たちと再会を喜び、昔は憎からず思った修造が結婚し、もうすぐ父になることも、心から祝福できた。

 だがその直後、父が逝き、継母や戦地で左腕を失った古参幹部〈塚原〉から喪主を頼まれた綾女は、屋敷の物々しい警備にピンとくる。

〈そうか。隠し持っているんだ〉〈横領した食糧や軍需物資があるのね。大量に〉

「特に終戦直後、ヤクザが生活基盤を支えたのは厳然たる事実で、身近な必要悪だった面は否めません」

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン