スポーツ

村上宗隆はメジャーで通用するのか 乗り越えるべき日米投手の違いとポジションの壁

昨年までのスイングとは何が違う?(時事通信フォト)

将来メジャーに移籍した場合、どこまで通用する?(時事通信フォト)

 日米の球界で最も注目を集める選手がエンゼルス・大谷翔平(28)とヤクルト・村上宗隆(22)であることは論をまたない。今季三冠王も射程圏の村上が、将来メジャーに移籍した場合、どこまで通用するのか注目しているファンもいるだろう。

 もちろん、村上が大谷のようにメジャーで飛躍をするためには乗り越えなければいけない壁もある。メジャーリーグ評論家の福島良一氏が語る。

「日本とメジャーのピッチャーの最大の違いは球の速さと角度ですね。まずはこれに対応できるかどうか。それに加えて求められるのが、動きながら落ちる変化球への対処です。日本のプロ野球でも変化球は多彩になってきたが、メジャーで多いチェンジアップとムービングファストボールには及ばない。これらのボールに日本人打者は悩まされている。

 そうしたなかで大谷は、速い球と動く変化球に対応できるテクニックに加え、瞬発力も高いからメジャーでパワーヒッターとして成功を収めている。村上も、少なくとも最初のうちは相当苦しむでしょう」

 広島からポスティング・システムを利用し、今年からカブスでプレーしている鈴木誠也もメジャー特有の球への対応に苦しみ、〈(打つ)ポイントが近くなり過ぎる〉と語っている。

 村上が大谷の域に達するには、日本人投手とは全く違うスタイルにどう対応するかがカギとなりそうだ。2008年にメジャー挑戦した野球評論家・前田幸長氏はこう期待を込める。

「大谷、松井秀喜、青木宣親といったメジャーで実績を残した日本人選手を参考にして良いところを取り入れてほしい。大谷もメジャーに行ってからノーステップやすり足にしてタイミングの取り方を工夫しています。ヤクルトには青木というメジャー経験のある先輩がいるので、海を渡る前に多くのことを吸収できるのではないでしょうか」

 村上の課題を修正する適応能力の高さは数字が物語っている。1年目は本塁打数がわずか1本だったが、2年目に36本塁打と大ブレーク。続く3年目はミート力、選球眼を高めて打率.307と、前年の打率.231から大きく伸ばした。メジャーでもこうした適応能力を見せられるかがポイントとなりそうだ。

 激しい競争を勝ち抜くことは容易ではない。野球評論家・広澤克実氏が語る。

「村上はメジャーでもサード、ないしファーストを守ることになるでしょうが、それらのポジションはクリーンアップを打つ強打者がいることが多い。村上が勝負しなければならないのはそういった選手で、投手で結果を残すなかでDH起用される大谷とは環境が違う。当然、大谷以上にコンスタントに数字が求められます」

※週刊ポスト2022年9月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン