芸能

荻野目洋子 「三人娘の育児で復活」「目標は新種発見」強烈な「虫愛」インタビュー

「虫愛」について語る荻野目洋子

「虫愛」について語る荻野目洋子

 コロナ禍以降、久しぶりの「納涼盆踊り」が開かれた地域も多かったこの夏。伝統的な音色に混じって響いていたのは、1985年にリリースされ、2017年にリバイバルヒットした『ダンシング・ヒーロー』。老若男女が肩を揺らすその名曲を歌う荻野目洋子(53才)は、「虫活」がマイブームだという。昆虫の魅力や、きっかけを聞いた。

「昆虫の観察って、五感を刺激される楽しみがあるんですよ。土の匂いを感じながら、色鮮やかな模様や独特な動きに魅了されて、虫の声に敏感に耳を傾ける。実際に触ってみるとすごく華奢で、だけど力強く脚を動かす姿からは、すごい生命力を感じます」

 目を輝かせながらそう語るのは、歌手・荻野目洋子だ。代表曲『ダンシング・ヒーロー』のリバイバルヒットが記憶に新しい彼女がいまハマっているのが“昆活”なのだという。

「“昆虫活動”を縮めて昆活です(笑い)。物心ついたときから虫が大好きで、子供の頃から父が持っていたチョウの図鑑を眺めては外に探しに行って、よく観察していました。父は自然を愛していて、“子供は自然の中で育てる”という人でした。日曜大工で、犬小屋や卓球台まで作ってしまうほど。猫も10匹近く飼っていました。

 私は4人きょうだいの末っ子で、すぐ上の兄にはよく外で遊んでもらっていたんですけど、成長するにつれて相手をしてもらえなくなって。1人でいる時間が増えるにつれて、昆虫に夢中になる時間も増えて、どんどん魅力に取りつかれていきました。実家の軒下をのぞき込んで“あ、ここにこんな虫がいるんだ”って。思い返すと、自然と生活の中に昆虫がいましたね。

 今でも昆虫に関する本を開いたりすることがありますが、昆虫はたくさんの種類がいて、カテゴリーも細かく分かれていて、そう簡単に語れない。全部を網羅するのは到底無理ですが、その分つねに新しい発見があるんですよ。そこがおもしろいところです」

 15才でデビューし、長らく芸能界の第一線を走り続けた。2001年に高校の同級生だったプロテニスプレーヤーの辻野隆三氏と結婚。幼少の頃の「虫愛」が復活したのは、その辻野氏との間に生まれた三人の娘の育児に直面したときだった。

「夫の仕事の都合で、一時期山梨県に住んでいたんです。都内とは比べものにならないほど自然豊かで、娘たちを連れて虫捕りにもたくさん行きました。なんで女性には虫好きが少ないんですかね? いまでは上2人はそこまで虫に興味がないようですが、三女は“珍しい虫がいたよ!”って、スマホで写真を撮って送ってくることもあります。

 以前、三女が学校帰りに青虫を捕まえて帰ってきて、“たぶんアゲハチョウだよね”って話していたんですけど、ベランダで成虫になるまで育てたことがあります。結構簡単なんですよ。チョウの幼虫は柑橘系の葉っぱさえあげればムシャムシャ食べて、あっという間にさなぎに。しばらくするとさなぎの色が変わって、ある朝羽化して成虫になってふわふわと旅立っていきました。本当に小さな命ですけど、とても感動したのを覚えています」

 昆虫の中でも、いちばん好きなのはやっぱりチョウですね。幼少期の印象が強いというのがあると思いますけど、身の回りにいるチョウもそうですし、南の方に行くほど、大きいし色鮮やかになっていく。南米に生息しているモルフォチョウは、いつか必ず生で見てみたいです」

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン