芸能

荻野目洋子 「三人娘の育児で復活」「目標は新種発見」強烈な「虫愛」インタビュー

「虫愛」について語る荻野目洋子

「虫愛」について語る荻野目洋子

 コロナ禍以降、久しぶりの「納涼盆踊り」が開かれた地域も多かったこの夏。伝統的な音色に混じって響いていたのは、1985年にリリースされ、2017年にリバイバルヒットした『ダンシング・ヒーロー』。老若男女が肩を揺らすその名曲を歌う荻野目洋子(53才)は、「虫活」がマイブームだという。昆虫の魅力や、きっかけを聞いた。

「昆虫の観察って、五感を刺激される楽しみがあるんですよ。土の匂いを感じながら、色鮮やかな模様や独特な動きに魅了されて、虫の声に敏感に耳を傾ける。実際に触ってみるとすごく華奢で、だけど力強く脚を動かす姿からは、すごい生命力を感じます」

 目を輝かせながらそう語るのは、歌手・荻野目洋子だ。代表曲『ダンシング・ヒーロー』のリバイバルヒットが記憶に新しい彼女がいまハマっているのが“昆活”なのだという。

「“昆虫活動”を縮めて昆活です(笑い)。物心ついたときから虫が大好きで、子供の頃から父が持っていたチョウの図鑑を眺めては外に探しに行って、よく観察していました。父は自然を愛していて、“子供は自然の中で育てる”という人でした。日曜大工で、犬小屋や卓球台まで作ってしまうほど。猫も10匹近く飼っていました。

 私は4人きょうだいの末っ子で、すぐ上の兄にはよく外で遊んでもらっていたんですけど、成長するにつれて相手をしてもらえなくなって。1人でいる時間が増えるにつれて、昆虫に夢中になる時間も増えて、どんどん魅力に取りつかれていきました。実家の軒下をのぞき込んで“あ、ここにこんな虫がいるんだ”って。思い返すと、自然と生活の中に昆虫がいましたね。

 今でも昆虫に関する本を開いたりすることがありますが、昆虫はたくさんの種類がいて、カテゴリーも細かく分かれていて、そう簡単に語れない。全部を網羅するのは到底無理ですが、その分つねに新しい発見があるんですよ。そこがおもしろいところです」

 15才でデビューし、長らく芸能界の第一線を走り続けた。2001年に高校の同級生だったプロテニスプレーヤーの辻野隆三氏と結婚。幼少の頃の「虫愛」が復活したのは、その辻野氏との間に生まれた三人の娘の育児に直面したときだった。

「夫の仕事の都合で、一時期山梨県に住んでいたんです。都内とは比べものにならないほど自然豊かで、娘たちを連れて虫捕りにもたくさん行きました。なんで女性には虫好きが少ないんですかね? いまでは上2人はそこまで虫に興味がないようですが、三女は“珍しい虫がいたよ!”って、スマホで写真を撮って送ってくることもあります。

 以前、三女が学校帰りに青虫を捕まえて帰ってきて、“たぶんアゲハチョウだよね”って話していたんですけど、ベランダで成虫になるまで育てたことがあります。結構簡単なんですよ。チョウの幼虫は柑橘系の葉っぱさえあげればムシャムシャ食べて、あっという間にさなぎに。しばらくするとさなぎの色が変わって、ある朝羽化して成虫になってふわふわと旅立っていきました。本当に小さな命ですけど、とても感動したのを覚えています」

 昆虫の中でも、いちばん好きなのはやっぱりチョウですね。幼少期の印象が強いというのがあると思いますけど、身の回りにいるチョウもそうですし、南の方に行くほど、大きいし色鮮やかになっていく。南米に生息しているモルフォチョウは、いつか必ず生で見てみたいです」

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン