芸能

声優・堀江由衣、新曲&ライブ音源リリース 唯一無二の「物語仕立てライブ」にこめる想い

声優だけでなくアーティストとしても活動(写真/五十嵐美弥)

声優だけでなくアーティストとしても活動(写真/五十嵐美弥)

「ほっちゃん」の愛称で知られる声優・堀江由衣。『シスター・プリンセス』の咲耶、『ラブひな』の成瀬川なる、『D.C. 〜ダ・カーポ〜』の白河ことり、『ひぐらしのなく頃に』シリーズの羽入、『とらドラ!』シリーズの櫛枝実乃梨など、彼女が演じた数々のヒロインに恋をしたファンも多いのではないだろうか。声優だけでなくアーティストとしても活動する彼女は、8月7日に新曲『秘密の庭のふたり』をデジタルリリース。さらに同日、今年4~5月に行なわれた約3年ぶりのライブツアー『堀江由衣 LIVE TOUR 2022 文学少女倶楽部II~放課後リピート~』のライブ音源も配信されている。

 堀江のライブを知る人は彼女のライブについて「エンターテイメントとしての質が高い」と口を揃えて言う。まずはそのライブの魅力について探っていきたい。

 * * *
 堀江のライブの知名度を一躍押し上げたのが2006年から始まったライブツアー『堀江由衣をめぐる冒険』シリーズだ。彼女はライブを“ひとつの物語”に仕立て上げ、“堀江由衣”というキャラクターが物語に合わせて歌を披露するという、まるで1本のアニメ映画を見ているかのようなライブ手法を生み出したのである。堀江は当時を振り返りながら教えてくれた。

「物語仕立てのライブを始めたのは少し消極的な理由です。声優である私は歌もできないし、ダンスもできない。じゃあ、そんな私に何ができるんだろうって考えた時、演技や声を含めた総合力だったら、お客さんに楽しんでもらうことができるかもしれないと思ったんです。ネガティブな言い方をすると、歌やダンスからみんなの気を逸らしたかったんです。そこに物語という縦軸があると2時間もあるライブでも飽きずに見てもらえると考えました」

 消極的な理由──堀江はそう語るが物語仕立てのライブにすることには、彼女にとっての大きな理由があった。

「ライブの楽曲の選び方ってなかなか難しくて、どうしても人気のある曲か、最新の曲に偏ってしまうんです。もちろんそれでもいいのかもしれませんが、昔の曲や皆さんの思い入れが少ない曲でも、魅せ方ひとつでみんなの思い出に残る曲になると思ったんです。ライブに物語の要素を入れたことで自然とそれができたのは良かったです」

 事実、堀江のファンからは「もう生で聞くことはできないだろうなと思っていたデビュー時期のマイナー曲でも、ほっちゃんはライブで歌ってくれる。こういったサプライズもライブの魅力なんです」という声も聞こえる。彼女の思いはしっかりとファンに届いているようだ。

関連記事

トピックス

工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
「スルー対応」が続く坂本勇人のスキャンダル テレビ、新聞の若手記者からは「巨人を担当したくない」などの声も
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン