芸能

佐藤健、来年1月期に3年ぶり連ドラ出演 井上真央と“本格的な恋愛ドラマ”

佐藤健と井上真央が初共演

佐藤健と井上真央が初共演

 分刻みのスケジュールをこなす人気俳優ともなれば、数年先まで仕事が詰まっているというのも珍しいことではない。それだけに、ドラマ制作に携わる人にとって、キャスティングは超重要事項だ。最近、そんなドラマ制作の関係者をザワつかせる事態が起きたという。

「来年1月クールのTBSのドラマに、佐藤健さん(33才)の出演が決まったそうです。本格的な恋愛ドラマで、過去の作品を超えるような胸キュンシーンが盛り込まれるそうです」(ドラマ制作関係者)

 佐藤の連ドラ出演は、2020年1月クールの『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)以来3年ぶりだ。その期間、満島ひかり(36才)とのダブル主演で、宇多田ヒカル(39才)の楽曲に着想を得たNetflixオリジナルドラマ『First Love 初恋』や、長澤まさみ(35才)と共演する映画の撮影などに追われていた。

「クイズバラエティーなどで目にすることは多かったので、佐藤さんほどの俳優が、連ドラが3年ぶりと聞くとちょっと意外でしたね。ただ、それよりも驚かされたのは、そのドラマの共演相手が井上真央さん(35才)だったことです」(前出・ドラマ制作関係者)

 佐藤は10代の頃から、井上は子役時代から芸能活動を続けているが、意外なことに今回のドラマが初共演だ。一方で、佐藤と井上は、1人の男性を起点に“因縁”を抱えている。

「井上さんは、長らく松本潤さん(39才)との関係が取り沙汰されてきました。始まりは2005年のドラマ『花より男子』(TBS系)での共演。一般家庭で育った正義感の強いヒロインが、セレブ高校一のイケメン御曹司と恋に落ち、困難を乗り越えて結ばれる。ドラマでのふたりがあまりにもお似合いだったことから、“実際につきあっているのでは”という噂が囁かれるようになりました」(芸能関係者)

 2014年に写真週刊誌が焼き肉デートを報じたのを機に、ふたりの交際報道は過熱し、「婚約」「結婚間近」といった言葉が飛び交うようになった。

「その後、井上さんが突然、表舞台から姿を消し“寿引退報道”も出ました。しかし、休業状態にあったのは事務所を移籍した際の充電期間で、井上さんは終始交際を否定。いまとなっては真偽不明の情報で、ファンの間では、“都市伝説”と言う人までいます」(前出・芸能関係者)

 一方の佐藤も松本とはただならぬ関係にある。

「2人は、親友と言っていいほどの仲です。プライベートをほとんど明かさない佐藤さんが、松本さんと『謎解きゲーム』の施設に出かけたことを明かしてファンを驚かせたり、バラエティー番組での共演相手に指名したこともありました」(別の芸能関係者)

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン