芸能

大阪大学大学院を修了したセクシー女優・藤かんなが赤裸々告白 勤務先企業に「動画出演」がバレて上司に呼び出されるまで

“リケジョリーナ”のニックネームを持つ藤かんな

“リケジョリーナ”のニックネームを持つ藤かんな

 4歳からバレエに打ち込む一方で学業にも励み、大阪大学大学院の理学研究科を修了し、“リケジョリーナ”のニックネームを持つ藤かんな(32)。今年2月にヌードグラビアに挑戦した後、7月にはセクシー女優としてもデビューした。セクシー女優には専業だけでなく、副業として出演している女性も少なくない。藤も、一般企業で働きながら撮影に臨んでいた。そんな彼女が8月10日、Twitterで「会社バレ」したかもしれないとツイートして話題になった。

〈実は私ね、普段は一般企業で働いてるんだ。「藤かんな」のことはもちろん内緒で… 今朝、上司に「ちょっと話があるから、16時空けといて」って言われた。ついに…バレたかな。。。〉

 この投稿にファンからは心配するコメントが多く寄せられた。職場の上司との面談から、今後の身の振り方に至るまで、藤本人に一部始終を聞いた。【全3回の第1回】

会社にバレたかも?とツイートする藤かんな

会社にバレたかも?とツイートする藤かんな

──8月10日に声をかけてきた上司はどんな面持ちだったのでしょうか?

「私が勤めていたのは社員数百人規模の一部上場企業でした。本社は関西にあって、国内にも支社があります。声をかけてきた上司は統括部長で、ふだんは挨拶以外ではほとんど話さない方です。神妙な面持ちではなかったですが、仕事の話なら直属の上司が言うはずだし、それ以外で“話がある”と言うからには、ただごとではないと思いました」

──声をかけられたのは、いつ、どんなタイミングだったんですか?

「朝、出社してすぐのタイミングで人目につかないように声をかけてきました。だからこそ緊張しましたね。でも当日の午後に、上司に急な会議が入ったため、急きょお盆休み明けの8月16日にリスケになったんです。私としては、リスケしても良い程度の話なんだとホッとした反面、どんな話かわからないまま休むなんて気が気じゃなかったですね」

──Twitterで〈てことは、16日までおあずけよ!? つまり大した話じゃないのかな… きっとそうやんね…〉と投稿されていましたね。休みの間はかなりそわそわしていたのではないでしょうか。

「はい。うちの会社は副業禁止なので、もしバレたとしたら退職は逃れられないと思っていました。だから インターネットで“AV バレたらどうする”とか“AV 副業”とかで検索しました。調べれば調べるほど不安になってきて、ズーンと落ち込んだりして……。休み中なのでお墓参りに行ったり本を読んだりして、なるべく心を落ち着かせて過ごしていました」

──お盆休み明けに、上司との面談で副業を指摘されたら、なんと答えようと考えていたのですか?

「実名は違うし、ふだんはマスクをしているので私の素顔を知っている人はあまりいないし、一回くらいは知らんぷりしてもイケるんじゃないかって思いました。だから、もし副業の話だったらシラを切ろうと。そこからはわりとドーンと構えていたように思います」

──会社員の立場は、どうしても守りたいと思っていたんですね。

「はい。やはり会社員は安定していますし、親も会社で働いていると思っているし、できれば守りたかった。副業禁止な以上、ルール違反だし自分勝手だとは思いましたが、私はいつかバレエ教室を開きたいと思っていて、そのために会社員をしながら社会的な信用を保ちつつ、貯金していたんです。それもあって、会社員でいることは守りたかったです」

──そしてお盆休みが明けて、ついに上司との面談に。

「はい。休み明けの日は朝10時から面談を行うことになりました。部署内の一番奥の応接室に呼ばれて、『急に呼び出してごめんな』と。いざ席に座ると『単刀直入に聞くけど、副業してますか?』って言われました。もう心の中でシラを切るって決めていたので、全然ドキッともせず『してません』って答えました。その後、『藤かんなさんって知ってますか?』と聞かれたのですが、顔色ひとつ変えずに『知りません』と答えられました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

創価学会の「自民党離れ」は今年4月の衆院島根1区補選でも
【自公連立終焉へ】公明党の支持母体・創価学会の「自民党離れ」が進む 岸田首相の「解散やるやる詐欺」に翻弄され“選挙協力”は風前の灯火
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト