芸能

『ハコヅメ』『あまちゃん』 人気イラストレーター&絵師が選ぶ名作ドラマの名場面

『ハコヅメ』

『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』

 いまやドラマとSNSは切っても切れない関係。ドラマを見ながらそれにまつわるイラストをSNSに投稿するのも、新たなドラマ鑑賞の楽しみ方になっている。そこで、SNSにドラマ関連のイラストを投稿し話題となっている2人に、名作ドラマのお気に入り名場面を紹介してもらった。

「でもな、知らなくていいんだあんな光景」(交通課の宮原部長)

『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』第6話(2021年/日本テレビ系)

【あらすじ】
交番に飛ばされた訳あり元エース刑事・藤(戸田恵梨香・当時33才)と安定収入を求めて警察官になった川合(永野芽郁・当時22才)の最強ペアが繰り広げるリアルな交番物語。

【ココで見られる】
『ハコヅメ〜たたかう! 交番女子〜』Blu-ray BOX 2万6400円 脚本:根本ノンジ 発売元:バップ、Huluで配信中。(C)NTV

「一見、クールで厳しそうに見えて、実は部下思いの優しい宮原部長は理想の上司」(タテノさん)

「一見、クールで厳しそうに見えて、実は部下思いの優しい宮原部長は理想の上司」(タテノさん)

 イラストレーター・タテノカズヒロさんが選んだのは、『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(2021年/日本テレビ系)だ。

「お気に入りは6話。主人公の川合(永野)が凄惨な交通事故の現場を経験し、ショックで警察官を辞めそうになったとき、大先輩の宮原部長(駿河太郎)が、『あんな現場に出くわしても、平気になってるオレたちの方がおかしいんだ、お前の感覚がまともなんだよ』と言う。“あんな現場に遭遇しても平気なくらい強くなれ”と言わずに、優しく励ます姿はいま見ても感動的です」(タテノさん)

【プロフィール】
タテノカズヒロさん/別冊ヤングマガジン(講談社)にて漫画家デビュー。イラストレーターとしても雑誌、WEB、広告で多数活動。

「なぜ、なぜ出ない、電話に、君は」(水口琢磨)

『あまちゃん』

『あまちゃん』

連続テレビ小説『あまちゃん』第93話(2013年/NHK)

【あらすじ】
連続テレビ小説第88作。自分らしさを失ったヒロイン・天野アキ(能年玲奈、現のん・当時20才)は、母の故郷である岩手県の田舎町に移り住み、海女を目指すことで本来の自分を取り戻していく。脚本は宮藤官九郎。

【ココで見られる】
『連続テレビ小説 あまちゃん 完全版』ブルーレイBOX1、2、3 各1万1000円 NHKエンタープライズファミリー倶楽部 (C)2014 NHK、NHKオンデマンドで配信中。

「龍平さんの出るドラマはどれも良作です」(南天さん)

「龍平さんの出るドラマはどれも良作です」(南天さん)

 絵師・南天さんは、連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年/NHK)を選んだ。

「魅力的なキャラクターが多数登場する『あまちゃん』ですが、私が大好きなのは何と言っても水口(松田龍平)。第93話で、岩手の北三陸に帰ったアキ(能年)を東京から迎えに行くシーン! 仲間からのメッセージをかき集め、何かに突き動かされるように岩手に飛んで行った水口の姿を見て沼落ちしました。

 放送当時、ドラマ好き仲間と、どの経路なら早朝に着けるかを熱く語り合ったことも見るたび思い出します」(南天さん)

【プロフィール】
南天さん/ツイッターで、放送中の朝ドラや大河ドラマなどの名場面を水彩タッチのイラストで描き、人気を博す。

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2022年9月29・10月6日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン