芸能

高田文夫氏 40歳になった中村勘九郎とのひと時、ユーモラスな受け答えに嬉しくなる

4年ぶりに中村座を復活させた中村勘九郎(イラスト/佐野文二郎)

4年ぶりに中村座を復活させた中村勘九郎(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、4年ぶりに中村座を復活させた中村勘九郎についてつづる。

 * * *
『いだてん』の頃以来だから相当久しぶりに中村勘九郎に会った。クルンクルンの髪の毛にびっくりして笑ったら「これ天パーなんですよ。キャップかぶってて舞台へ行きゃすぐカツラかぶるから、みんな分からないんですよへへへ」と笑った。父十八代目勘三郎の早逝から10年。中村屋を背負い、ファミリーを引っ張り、歌舞伎界全体の重責も負う。辛く大変な時を過ごしたと思うが40歳ともなり肩の力も少し抜けてきたか、やわらかくユーモラスな受け答えに嬉しくなった。

「それよりホラッ2000年に浅草に父が芝居小屋“平成中村座”作ったでしょ。中村座が10月11月と4年ぶりに復活するんですよ」

「嬉しいネ。江戸っ子はそう来なくっちゃ。オレも一度だけだけど、お父さんと中村座の舞台出て喋ったことあるんだよ」

「覚えてますよ。談志師匠が亡くなったのですぐに父と高田さんで追悼落語会やったんですよネ。談春さん志らくさんも出て、いい会だった」

「オレも出たかったって談志が一番くやしがっていた」

「今回は高田さんも可愛いがっているクドカン、宮藤官九郎の脚本・演出ですから。面白いのなんのって、あの人ちょっと頭おかしいですよネ」

「ちょっとなんて失礼だよ。ほとんどおかしいんだから」

 弟の七之助も記者会見で「最近の宮藤さんの脚本には、神がかり的な面白さがあると感じている」とぞっこん。そう言えば、先日宮藤に会ったら「落語の“唐茄子屋”と“不思議の国のアリス”を合体させて歌舞伎を書きました」とよく分からないことをうわ言のように言っていた。落語の『唐茄子屋政談』といえば若き日の私の十八番。立川藤志楼としてどれだけ江戸中で評判を呼んだものか……。大好きな「櫻坂」のライブへも行かずこれから稽古、稽古ですと宣言。本当か。

「イヨッ中村屋!」笑顔を見てるとお父さんにも会いたくなった。

 歌舞伎がらみの話題をもうひとつ。飛ぶ鳥を落としちゃ揚げていると噂の講談の神田伯山が熱望した師匠神田松鯉との歌舞伎座での親子会がいよいよ9月28日に昼夜開催。この日は松鯉80歳(傘寿)の誕生日。ゲストには尾上松緑。松鯉が演じる『荒川十太夫』を歌舞伎にして十月に松緑が歌舞伎座公演として上演する。「荒川」は赤穂浪士、堀部安兵衛の切腹で介錯をつとめた下級武士。伯山の大きな夢がひとつ叶った。次は?

※週刊ポスト2022年9月30日号

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン