スポーツ

金田正一氏が明かしていた“長嶋茂雄伝説”「ルール知らずに麻雀やってたんじゃないか」

『週刊ポスト』名物企画「ONK座談会」でも軽妙なやりとりを繰り広げてきた

『週刊ポスト』名物企画「ONK座談会」でも軽妙なやりとりを繰り広げてきた

 9月6日、脳出血で緊急入院した巨人の終身名誉監督である長嶋茂雄氏(86)。次女・三奈さん(54)が〈意識ははっきりしていて、声も力強く元気です〉と発表したことで安堵の声が広がったが、ファンにとっては“ミスター”の元気な姿を早く見たいところだろう。長嶋氏が残した数々の逸話は、いまも私たちを元気にしてくれる。そんなミスターの伝説的エピソードを紹介しよう。【全4回の第3回。第1回から読む

 長嶋氏は数々の名勝負で観客を魅了した一方で、“チョンボ”の逸話も数多くあり、それがまた魅力となった。

 1958年のルーキーイヤーは本塁打29、打率.305、盗塁数は37という成績だったが、「一塁ベース踏み忘れ」でホームランを1本取り消されている。つまり、凡ミスがなければ新人で「トリプル3」を達成していたのだ。

「一塁走者だった長嶋さんが、ヒット性の当たりを見て二塁を蹴り三塁に向かおうとしたが捕球され、慌てて一塁に戻ろうとして二塁ベースを無視してアウトになったことが3度もある」(ベテラン記者)といったエピソードには事欠かない。記者の車に同乗して球場入りしたのに、それを忘れて帰りの駐車場で「車がない! 盗まれた!」と大騒動になったこともある。

 熱狂的な長嶋ファンの漫画家・黒鉄ヒロシ氏(77)が言う。

「王さんに聞いた話ですが、宮崎キャンプでの旅館に王さんが練習から帰ってくると、旅館の人が困ったと悩んでいる。どうしたのか聞くと、デザートにスイカを出そうと三角形に切り分けていたら、練習から帰ってきた長嶋さんがスイカの上部の甘いところだけ全部食べちゃったという。王さんは“長さんにも困ったものだ”と言いながら全部切り揃えたそうです」

 V9が始まる1965年に国鉄から巨人に移籍し、通算400勝を達成した“カネやん”こと金田正一氏は2019年に他界したが、生前の取材でこんなエピソードを明かしていた。

「長嶋ともよく雀卓を囲んだが、本当は麻雀のルールを知らんかったんじゃないかと思っている。そつなく牌を並べたり、ツモや捨て牌もする。しかも楽しそうに打っていた。だが、ワシは長嶋が上がったのを見たことがない。負けてもニコニコしているから文句はないが、ワシの野球人生の七不思議のひとつじゃ」

(第4回に続く。第1回から読む

※週刊ポスト2022年9月30日号

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン