国内

安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった

安倍元首相(時事通信フォト)

注目される安倍元首相の国葬(時事通信フォト)

 本誌・週刊ポストが報じた安倍晋三・元首相の国葬の“出来レース入札”問題に新たな疑惑が浮上した。その内容に進む前に、国葬の入札に隠された問題点を整理しておきたい。

 国葬の企画演出を受注したのは大手イベント会社「ムラヤマ」。現在は日本テレビホールディングスの100%子会社だ。同社は安倍氏が首相時代に地元後援会関係者を大量に招待して「税金を使った支援者への接待」と批判された首相主催の「桜を見る会」を5年連続で落札。安倍政権時代の桜を見る会は、回を重ねるごとに予算が高額化していったばかりか、業者選定では入札前に同社と内閣府の担当者が打ち合わせしていたことから国会で「官製談合」と追及された経緯がある。

 今回の安倍氏の国葬の企画運営業者の選定は内閣府による一般競争入札で行なわれたが、参加したのがムラヤマ1社だったことから、野党側に「事実上の随意契約」と批判されているが、岸田政権は「特定の業者に便宜を図った事実は一切ない」(松野博一・官房長官)と主張してきた。

 しかし、週刊ポスト取材班が国葬の入札説明書と関連資料を精査したところ、入札にあたって事実上、ムラヤマ1社しか参加できないような条件がつけられていることがわかった。

 その条件とは、入札参加を希望する業者に提出が義務づけられた「履行体制証明書」に、次の項目を書き込まなければならなかったことだ。

〈過去5年以内に、皇族、内閣総理大臣、衆・参両院議長及び最高裁判所長官の全て又はこれと同等の出席があった式典等(要人等を含む1,000人以上が出席)における当該業務に類似する業務(企画・演出及び警備)を行った実績(1回以上)について〉

 つまり、過去5年以内に国家的な式典の企画・演出、警備を行なった実績があることが入札に参加できる条件だった。そのことは、入札関連資料にこう書かれていることからもわかる。

〈内閣府は提出された履行体制証明書の確認を行い、その結果、確実な履行ができないと判断される場合、または履行体制証明書について虚偽の実績があった場合には、不合格とする〉

 そこで週刊ポスト取材班が政府調達の公開資料などをもとに、条件に該当する国家的式典が過去5年間に何回開催され、どの企業が受注したかを調査したところ、今年5月に那覇市で行なわれた「沖縄復帰50周年記念式典」に係る企画・演出、運営及び警備を電通沖縄が受注していた以外、ほとんど「ムラヤマ」が受注していたことがわかった(「会場借り上げ」を受注したホテルや、式典の一部の設置作業や撤去のみを受注した企業を除く)。

 この条件がある限り、事実上、ムラヤマ以外の会社が入札に参加することは困難だったと言える。

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン