スポーツ

岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか

2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)

2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)

 今季限りでの退任を表明していた阪神タイガース・矢野燿大監督(53)の後任が、岡田彰布氏(64)に決定したと報じられた。阪神の百北幸司球団社長は9月27日に大阪市内の阪神電鉄本社で取材対応し、「現時点でシーズンが終わるまでは(監督人事を)私のほうから申し上げることはありません」としながらも、「(次期監督の)目途は立っている」と矢野氏の後任が決まっていることは認めた。

 岡田氏は2004年から2008年まで阪神を指揮し、2005年には鉄壁のリリーフ陣・JFKを擁してリーグ優勝を果たしている。その再登板の第一報を報じたのは関西版の産経新聞とサンケイスポーツだった。27日付の一面で〈阪神次期監督に岡田氏〉〈阪神新監督 岡田氏内定〉の見出しを打ったのだ。阪神担当記者が言う。

「産経新聞の嘱託に野村(克也)監督や星野(仙一)監督の就任をスクープしてきた記者がいる。産経新聞が一面で阪神の監督人事を報じることは珍しく、サンスポも産経新聞からの情報で書いたようだ」

 今回の阪神の次期監督人事を巡ってはメディア側も神経を削らせる状態になっていた。在阪スポーツ紙のデスクが言う。

「『週刊文春』(9月14日発売号)で報じられたように、9月9日には球団が監督報道を自粛するように要請し、協力依頼に応じない社は無期限で報道協力しないと通達していた。つまり監督人事を報じた社は“出禁”にするということですが、この通達が出た時点で岡田氏の監督起用は固まっていたとみていい。球団としてはナインが動揺しないように報道を自粛してもらい、CS出場が叶うかを静観してほしいということでしょう。それに対して、産経とサンスポが腹をくくって報じた格好だ。報道協力がなくなるといっても今季は残り3試合で、阪神が主催の甲子園の試合は1試合だけ。CSの進出も厳しいと判断したのだと思われます」

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
保育園園長を刑事告発した裾野市の村田悠市長(時事通信フォト)
《園児虐待で3人逮捕》土下座の保育園園長は地元の名家出身 母親は「関係ありません」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン