芸能

弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」

好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)

好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)

 テレビ朝日の弘中綾香アナウンサー(31)が9月30日、「先日かねてよりお付き合いしていた方と結婚いたしました」と結婚を発表した。

 弘中アナは2013年4月に同局に入社し、『激レアさんを連れてきた。』や『あざとくて何が悪いの?』、『ノブナカなんなん?』と多数のバラエティ番組にレギュラー出演。オリコンが発表する「好きな女性アナウンサーランキング」で3連覇中だ。

 夫の詳しいプロフィールは明かさず「一般男性」としていたが、局内に送った結婚の挨拶のメールでは、「大阪出身のコテコテの関西弁を話すとにかく明るい人」とお相手についても触れていた。テレビ朝日のエースアナのハートを射止めたのは一体誰なのか?

「弘中アナが結婚したのは株式会社プログリットの代表取締役社長・岡田祥吾さんです。弘中アナと同い年で大阪出身。仕事がデキるだけでなく、小栗旬似のイケメンでもあります」(弘中アナの知人)

 岡田氏は新卒でマッキンゼーに入社し、2016年にプログリット(創業時は株式会社GRITとして設立)を創業した。同社は英語コーチングサービスを展開しており、創業3年で売上17億円を達成。まさに結婚発表の前日、東証グロース市場に上場したばかり。上場したことで、岡田氏の資産は約15億円ほどに。新進気鋭の経営者である岡田氏はビジネス系メディアで取り上げられる機会も多く、次世代を担うアジアの若手が選出される『Forbes 30 Under 30 Asia 2021』のコンシューマーテクノロジー部門にも選ばれている。 

 これまで弘中アナは、自身の好きなタイプについて「明るい人」「頭の回転が速い人」と語ってきた。岡田氏とはお互い共通の話題もある。

「岡田さんは、『プロ野球の球団を持つ』という夢を持っているほどのプロ野球好き。そして、弘中アナは子どもの頃からの広島カープファンです。ふたりともプロ野球をはじめとしたスポーツ好きなので、気が合うみたいですね」(前出・弘中アナの知人)

 テレビ朝日に問い合わせたところ、「社員のプライベートについてはお答えしていない」との回答だった。株式会社プログリットにも問い合わせたが、こちらも「お答えしかねます」という返答だった。

 弘中アナは結婚情報誌『ゼクシィ』2021年4月号に登場した際、結婚相手に求める要素をこのように語っていた。

「唯一、挙げるとしたら『寛容な人』ですかね。小さいことで怒らないというより、視野が広くてニュートラルな考え方を持っていて、自分は自分、人は人というように、ある程度の距離感を保てる寛容さを持った人がいいです」

 きっと岡田氏は、その条件にぴったりのお相手だったのだろう。

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン