芸能

逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」

円楽師匠

渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影

 落語家の六代目・三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名・會泰通)さんが亡くなった。72歳だった。日本テレビ系『笑点』のレギュラーメンバーとして長く活躍し、“腹黒”キャラでお茶の間の笑いをさらった大物落語家の逝去に、悲しみの声が広がっている。

 円楽さんは2022年1月に脳梗塞を発症。リハビリを経て8月に高座復帰を果たしたが、再び体調が悪化していた。死因は肺がん。円楽さんが生涯の師匠としてきた、五代目三遊亭円楽さん(2009年逝去)と同じ病だった。

 円楽さんは、4年前の2018年に週刊ポストのグラビア企画で「遺影」ならぬ「寿影」を撮影していた。

「寿影」とはグラビア界の第一人者である写真家・渡辺達生氏の造語で、“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”というコンセプト。葬儀で使用される『遺影』の“遺”の文字には暗くて辛気臭いイメージがあると感じていた渡辺氏が、代わりにこれまでの人生を祝う意味を込めて、美しい響きを持つ“寿”を選んで命名したものだ。

 円楽さんは「私の一品」として銀座・宮脇賣扇庵の京扇子を手に取り、撮影に臨んだ。当時、こう語っていた。

「俺の人生、人の言いなり。落語家も師匠に誘われ、頼まれたことやってたら円楽にまでなっちゃった。でも、流されるのも面白い。ここまで来たら大したもんだ、上げ潮のごみだってな」

 その円楽さんは、たびたび週刊ポストの取材に協力してくれた。芸能人の不倫報道が相次いでいた2020年には、かつて「錦糸町ラブホ不倫」が報じられた円楽さんに“不倫の作法”を聞こうと直撃。

「え~~、やめとけよ、もぉ~」と笑いながら、「しょうがないなぁ~、5分でいい?」と、こう応じてくれた。

「俺自身のことを言えば、会見で『不倫』って言葉は使わなかった。俺は『恋』をして、『口説いた』わけよ。これを作法って言うのかどうかはわからないけどね。もちろん、『口説いた』という言葉で言い訳できるもんじゃないけど、そのあたりの姿勢っていうのが、最近のケースとは違ったのかもね」

──「許される不倫」と「許されない不倫」にはどんな違いがあると思いますか。

「難しいなぁ。線引きなんてできないよ。それでも、『許す心』ってやっぱり大事だよね。神はすべてを許す、じゃないけどさ。何かを許すっていうのは一番難しいけど、一番尊いことなんだと思うよ。後はさ、その人が命がけでやってる仕事を見てほしいよね。芸能人なら芸事をね。月並みだけど、そこでちゃんと評価してあげてほしいのよ」

 2016年に不倫が報じられた際には会見を開いて事実を認め、「アモーレ円楽。円楽改め“老いらく”と呼んで欲しい」「今回の騒動とかけまして、東京湾を出て行った船と解きます」(その心は?)「コウカイの真っ最中です」と、会場を笑いの渦に巻き込んだ円楽さん。その人柄は、誰からも愛されるものだった。ご冥福をお祈りします。

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン