芸能

世界中で人気が高まるホラー映画の歴史を振り返る 多様なジャンルとその系譜

世界中にオカルトブームを巻き起こした『エクソシスト』1973年(写真/アフロ)

世界中にオカルトブームを巻き起こした『エクソシスト』1973年(写真/アフロ)

 ここ数年、クオリティーの高いホラー作品が次々と公開され、人気を呼んでいる。Netflix(以下、ネットフリックス)で配信された台湾映画『呪詛』(2022年)は現地で大ヒットするだけでなく、日本でも配信1週目に『今日の映画TOP10』で1位を獲得。タイ・韓国合作の『女神の継承』(2021年)もヒットしている。そんな人々を魅了し続けるホラー映画の歴史を少し振り返ってみよう。

Jホラーの原点は、60年前のイギリス映画にあり

 ホラー映画の登場は映画創成期の20世紀初め。1910年に「フランケンシュタイン」を扱った映画が製作されている。「怪物が出てくる映画が作られる一方で、古くから心理的恐怖が感じられ、いまの日本のホラーに通ずるような作品があります」と、『呪怨』シリーズを世に送り出した映画監督の清水崇さんが言う。

「ぼくがいままで見た中で、これは日本のホラーに通ずると感じたのは、イギリスの『回転』(1961年)という映画です。幽霊が人々を襲って恐怖に陥れるのではなく、物音や影などで気配を感じさせ、ぼんやりと佇んでいるだけで恐怖を感じさせる作りになっている。これは、ぼくだけでなく先輩の黒沢清監督や同業者も、影響を受けたと言っていました」

インディーズ映画が変えたホラー界の新たなジャンル

 1970年代になると、アメリカのホラーが勢いを増す。1973年、悪魔払いをテーマにした『エクソシスト』(1973年)は、少女の首がぐるっと回ったり、ブリッジ姿で階段を下りるなどの斬新な演出が話題となり、オカルトブームを巻き起こした。

 1980年代に入ると『13日の金曜日』(1980年)や『エルム街の悪夢』(1984年)など、サイコパスな殺人鬼が登場する「スラッシャー」というジャンルが人気を博す。

 1990年代には、あるインディーズ映画がホラー界を牽引する。それは、1999年にアメリカで製作された『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』だ。6万ドルと超低予算で製作されたのにもかかわらず、世界興行収入2億4050万ドル(日本円で約250億円)を記録。この後、「モキュメンタリー」(擬似ドキュメンタリー)と「POVホラー」というジャンルが出来上がる。ツイッターでホラー映画情報を発信するホラー映画取締役さんはこう話す。

「POVは“Point of view”の略で、一人称で描かれる映画のことです。登場人物が撮ったかのような映像で話が進んでいくため、自分もその映画の世界に入り込み、恐怖をリアルに体感できるのが特徴です」

 この手法は『呪詛』や『女神の継承』でも用いられている。

ホラー作品の分類図

ホラー作品の分類図

時代によって変化し続けるホラーのジャンル

 血しぶきが上がり、残酷な描写がある作品もホラー映画の特徴の1つではあるが、「やはり根底にあるのは、人間ドラマ」と言うのは、映画執筆家の児玉美月さんだ。

「ホラー映画は少女の性や同性愛を扱うものもあります。近年ですと、女性を主人公にした『透明人間』(2020年)では、ホラーの“体”を保ちながら、きちんとフェミニズムも描いている。

 ホラー作品に限らず、映画界は長らく差別や女性蔑視に支配されていたところがありましたが、数年前からその改革に映画界全体で取り組み始めたこともあり、それが映画のテーマとして反映されている作品も多いんです。恐怖を喚起させるものの裏に起因しているものをひもとくと、社会から排除や弾圧されてきたものが何か、見えてきます」(児玉さん)

ホラーの系譜図

ホラーの系譜図

【プロフィール】
映画監督・清水崇さん/代表作に『呪怨』シリーズ(1999〜2006年)、映画版『呪怨2』(2003年)、『犬鳴村』(2020年)などヒットを連打している日本ホラー界の巨匠。

ホラー映画取締役さん/ツイッターで世界中のホラー映画情報を取り締まり、紹介する会社の代表取締役(@torishimaru)。フォロワー数は2万4000人以上。

映画執筆家・児玉美月さん/映画にまつわる批評を執筆。書籍『ジョージ・A・ロメロの世界──映画史を変えたゾンビという発明』(ele-king books)に執筆。

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2022年10月13日号

清水崇監督

清水崇監督

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン