スポーツ

来季原巨人の爆弾となりかねない「厳しすぎる阿部ヘッド」「すぐ熱くなるデーブ大久保コーチ」

巨人のコーチ変更がどう影響するか(時事通信フォト)

巨人のコーチ変更がどう影響するか(時事通信フォト)

 今シーズン、クライマックスシリーズにすら進めなかった巨人。続投が決まった原辰徳監督(64)は早速、新チーム作りに勤しんでいる。

 秋季練習がスタートした10月10日に報道陣に対応し、「休養はもう与えた。世の中そんなに甘くないよね」とコメント。レギュラークラスが軒並み顔を揃え、ウォーカー(30)が助っ人外国人としては異例の秋季練習参加となったのも、原監督の提案だとされている。

 コーチ陣は大幅な刷新を敢行した。村田修一・一軍打撃兼内野守備コーチほか6人のコーチが今季限りで退任。川相昌弘ファーム総監督が一軍の総合コーチとなるなどの人事が発表された。

 ただ、このコーチングスタッフに対しての不安の声は少なくない。巨人V9戦士で引退後は西武や横浜でヘッドコーチを務めた黒江透修氏はこう語る。

「コーチのメンツを入れ替えるだけでなく、意識も変えなきゃダメです。特に今のジャイアンツはヘッドコーチの役割を勘違いしているんじゃないかと思うよ。元木大介が3年間ヘッドコーチを務めていたが、本来そのポジションにある人は監督代行という気持ちで監督と密に連携し、それを選手に伝える役でなければならない。元木はそれができていないから、チームが一丸になれなかった。阿部がそうならないようにしないとジャイアンツは変わらない」

 阿部慎之助・新ヘッドコーチには乗り越えるべき課題がほかにもあるという。スポーツ紙記者が語る。

「阿部さんは二軍監督時代から選手への“当たり”が厳しすぎると言われていた。若い選手は委縮してしまい、心が離れる選手もいた。ヘッドコーチは監督と選手の橋渡し役ですから、阿部さんが今のまま高圧的な態度で選手と向き合うようだとチームがバラバラになる懸念がある」

 チーム再建に向けて原監督は「投手陣の強化」を優先事項に挙げている。今シーズンの巨人のチーム防御率は、3.69とリーグワーストだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第11回】老後のためにやりたいことを我慢して節約…貯金が増えても心が満たされない
週刊ポスト