国際情報

中国海軍がAI搭載の超大型ドローン無人潜水艦を開発 米「航行の自由作戦」に対抗か

米軍が南シナ海で展開する「航行の自由作戦」への対抗か

米軍が南シナ海で展開する「航行の自由作戦」への対抗か

 中国海軍がAI(人工知能)搭載の超大型ドローン無人潜水艦を開発し、すでに南シナ海の海南省三亜市の海軍基地に2隻配備していることが分かった。中国によるドローン潜水艦の開発は米軍が南シナ海で展開する「航行の自由作戦」に対抗する狙いがあるとみられる。AI搭載の潜水艦の開発は米海軍に次いで世界で2番目となる。世界の海軍の動向に詳しい英国海軍発行の月刊誌「Naval News(海軍ニュース)」が報じた。

 同誌は海南島の中国海軍基地を撮影した衛星画像からの2隻のドローン潜水艦の写真を掲載。潜水艦は全長16mと18mの2隻で、ともに全幅が約2m。船首は流線型で、尾翼には2つのスクリューが横並びに配置されている。

 中国のドローン潜水艦は搭載したソナーで水中の模擬潜水艦の音源を捉え追尾、異なる角度から音源を確認しAIが「敵」だと判断し、魚雷を発射し模擬潜水艦を撃沈するなどの能力を持つという。

 三亜市の中国海軍基地は潜水艦の拠点で、南シナ海を航行する米軍艦船の情報を収集、監視していることが分かっており、ドローン型潜水艦は今後、中国が南シナ海の米軍の動向を探る重要や軍事兵器となることが予想される。

 AI搭載のドローン型潜水艦の研究については米国が最も進んでおり、米海軍は今年5月、カリフォルニア州のハンティントンビーチで超大型ドローン潜水艦「オルカ(シャチ)」を公開している。

 オルカは全長26mで、小型の水中ドローンを搭載。最高速度8ノット(時速14.8km)、最大航続距離は6500マイル(10460km)、最大深度は約3000m。米海軍は今後数十年間で50隻を配備する予定だ。

 海軍ニュースは「ドローン型潜水艦を保有すれば、情報収集、敵艦の監視・偵察、攻撃などの任務を遂行するうえで重要な役割を果たすことができるため、世界の海軍が開発を進めている。そのなかでも、米中両国が最も研究開発が進んでおり、両国によるAI搭載ドローン型潜水艦の開発競争が激化することが予想される」と報じている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト