国際情報

【フォトレポート】北方領土へ泳いで渡航、拘束後にロシアへ抗議文を突きつけた「1977年の網走五郎」伝説

「網走五郎」こと渡辺尚武氏。写真は尖閣諸島・魚釣島に手漕ぎボートで渡航した際のもの(本人提供)

「網走五郎」こと渡辺尚武氏。写真は尖閣諸島・魚釣島に手漕ぎボートで渡航した際のもの(渡辺氏提供)

 2021年8月、国後島に住むロシア人男性、ワードフェニックス・ノカルド氏(当時38歳)が泳いで北海道・標津町にたどり着き、日本政府に亡命を申請した事件が話題となった。それとは逆に、北海道から北方領土に泳いで渡った日本人男性が45年前にいたことをご存じだろうか。彼にインタビューした報道写真家・山本皓一氏がレポートする。

 * * *

 北方領土に泳いで渡った男の名は「網走五郎」こと渡辺尚武氏。現在79歳で、沖縄でボクシングトレーナーを務めている。

 北海道出身の渡辺氏は、1963年に札幌市内の高校を卒業後、大学受験するも2度失敗。進学を諦めて上京し、多くの世界王者を輩出した協栄ジムに入門した。だが、裸眼視力が悪く、プロボクサーとなるための受験資格を満たすことができなかった。

 失意の渡辺氏は“言葉の錬金術師”の異名で知られる劇作家・寺山修司氏が主宰する前衛劇団「天井桟敷」に入る。北海道にちなんだ「網走五郎」の芸名を寺山氏から授かったものの、その寺山氏と衝突して3年で退団してしまう。その後は、全国各地をアルバイトしながら旅する生活を続けていた。

 1977年7月、納沙布岬に立った32歳の渡辺氏は、霧の向こうにぼんやり見える北方領土を眺め、こう思ったという。

「俺と似ている……」

 社会から疎外され続けるばかりの自身の半生と、日本から切り離されたまま歳月が過ぎていく北方領土が重なって見えたのだろう。そして驚くべき行動に出る。ウエットスーツを着込んだ渡辺氏は、納沙布岬から7キロ先の水晶島を目指して泳ぎ始める。目的は、ソ連に北方領土返還を求めることだった。それは、自身の人生を取り戻すための行動でもあったという。

 白昼堂々と泳ぎ始めた渡辺氏の姿は、すぐに根室航路標識事務所の職員に発見され、通報を受けた海上保安庁は巡視艇「はまなみ」を現地に急行させる。だが、渡辺氏は日本とソ連の中間線を突破し、納沙布岬から約3.7キロにある貝殻島付近で座礁したまま放置されていた日本の刺し網漁船に辿り着き、そこで休憩を始めた。

「はまなみ」はその姿を確認したものの、すでにそこはソ連が実効支配する海域のため、手出しできない。渡辺氏は持っていた日の丸の旗を振るなどのパフォーマンスを演じたが、間もなく後方からやってきたソ連の警備艇に取り押さえられ、連行されてしまう。

 だが、拘束されることも最初から想定していた渡辺氏は、あらかじめ用意していた「抗議文」をソ連政府の役人に手渡した。それはこんな書き出しで始まっていた。

〈私は単身、泳いで日本からやって来た網走五郎と言う者です。年齢は三十二歳。私は貴国に亡命したくてやって来たのではありません。北方領土返還の抗議に来たのです。歯舞・色丹・国後・択捉の四島は日本固有の領土です。早急に返還して下さい〉

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン