国内

「町長からわいせつ」訴えた元草津町議が「虚偽告訴罪」で起訴 町長が激白「朝10時に性交渉できる場所ではない」

草津が揺れている

草津が揺れている

 日本有数の温泉地として知られる群馬県吾妻郡草津町。水際対策の緩和や旅行割の実施に伴い、中心地の湯畑は国内外からの旅行者で賑わっている。その草津町では2019年11月、新井祥子元町議(53。当時は町議)が「町長室で町長から性被害を受けた」と告発したことが話題になった。双方の主張は平行線を辿り、住民投票で新井町議へのリコールが成立。さらに互いが告訴しあう泥仕合の様相を呈していた。

 この騒動が新たな展開を迎えている。10月31日、検察は元町議を虚偽告訴罪などで在宅起訴したのだ。これを受け、渦中の人物である黒岩信忠町長(75)が取材に応じた。新井元町議の在宅起訴を聞いたときについて、こう語る。

「本音としては、ほっとしています。検察が虚偽告訴罪で起訴したということはそれだけ重いことです。新井はもう逃れることはできないと思います。それ以上は公判維持のために(検察が入手したとされる決定的な証拠などについては)話さないように言われているので詳しくは話せませんが」

 騒動のきっかけになった新井元町議の性被害については「事実無根」とし、こう憤る。

「新井が主張している性被害ですが、町長室はいつでもドアが開いていますし、副町長室や総務課もすぐそばにあります。職員みんながいる朝の10時に、性交渉できるような場所じゃありません。それを分かっていて、無理やり性交渉があったと言うんです。でっちあげですよ」

 発端は、2019年11月に刊行された電子書籍『草津温泉漆黒の闇』(著者は飯塚玲児氏=同様に名誉毀損罪で在宅起訴)だった。そのなかで新井町議は2015年1月8日午前10時ごろ、黒岩町長と町長室で2人きりで面会した際に、スカートをまくり上げられ、胸を触られたなど性的な行為をされたと実名で告発。その後、町議会は「議会の品位を傷つけた」として新井町議を除名処分にするものの、群馬県が違法として処分を取り消す。それでも騒動は収まらず、2020年12月に新井町議の解職を求める住民投票が行なわれ、リコールが成立。新井町議は失職した。

関連記事

トピックス

イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン