ライフ

【新刊】未解決事件をめぐり多彩な登場人物が入り乱れる群像小説『リバー』など4冊

『星占い

自分の星座からお読み下さい。何世紀ぶりかの「風の時代」のスタートにもワクワク

 読書の秋。涼しく長い夜にじっくりと読書を楽しみたい人のために、おすすめの新刊4冊を紹介する。

『星占い的思考』
石井ゆかり/講談社/1650円
 占いというのはアリなのか? そんな問いを星占いの第一人者が紐解く。曰く、人間は「象徴」が大好き、アレとコレを結び付け、そこに意味を見いだし、その物語を生きる。ジンクスなどがいい例。表の世界は科学だが、害がない限り裏の世界で生きるのを許されたのが占いだ、と。“だって楽しいもん!”では済ませないのが第一人者たる矜持かも。文学書からの引用も深遠。

『リバー』

2県にまたがる群像小説。多彩な捜査陣からスナックのママ、容疑者までどの人にも物語が

2県にまたがる群像小説。多彩な捜査陣からスナックのママ、容疑者までどの人にも物語が

奥田英朗/集英社/2310円
 10年前、未解明に終わった女性絞殺事件。酷似する事件が発生、群馬県警と栃木県警が共同捜査に奮起する。地図を用意し登場人物表を自分で作成。人物と共に移動し、針金だった人物像にエピソードという肉付けをしていく過程が無上に楽しい。サイコパスや昭和の刑事、新米女性新聞記者や暴走する被害者遺族などが入り乱れる群像小説なのに、こんなに楽しくっていいの!?

『怒鳴り親 止まらない怒りの原因としずめ方』

ホームの標語は「心満たす前に腹満たせ」。なぜなら食事の場こそ心満たす場だから

ホームの標語は「心満たす前に腹満たせ」。なぜなら食事の場こそ心満たす場だから

土井高徳/小学館新書/946円
 著者は治療的里親として知られ、北九州で虐待児や非行児童、発達障害児らと暮らす「土井ホーム」を運営する。長年の経験から「怒鳴らないほうが子育てはうまくいく」と断言、子供の発達段階の特徴を知れば怒りも制御できるとし、叱るときは短く、言葉は優しく、ほめるときこそ「しっかりほめる」などと助言する。親が自分の中に住む“傷ついた子供”を自覚するのも大切。

『ファーストクラッシュ』

ファーストクラッシュとは初恋のこと。著者謹製の「氷砂糖の刃物」なんて表現も素敵

ファーストクラッシュとは初恋のこと。著者謹製の「氷砂糖の刃物」なんて表現も素敵

山田詠美/文春文庫/737円
 母に先立たれ、神戸から東京の高見澤家に引き取られた11才の新堂力。麗子(気位の高い12才)、咲也(文学少女の10才)、薫子(無邪気な6才)の三姉妹が歳月の語り手になる構成で、力の登場で姉妹は未知の感情を泡立たせ、それにふさわしい言葉を獲得していく。文学は言葉でできている。その始原に遡るような試みを口語体で行ったのが新鮮。ラストの甘さに思わず頬が緩む。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年11月10・17日号

関連記事

トピックス

目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
Wエースの髙橋藍
バレーボール男子日本代表 石川祐希、高橋藍ほか注目選手たちの代表戦でしか見られないカット
女性セブン
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン