国内

6億5000万円売り上げた乱交パーティ 主催者を追い詰めた「密告ツイッター」運営者の告白

(小山麻代容疑者のインスタグラムより)

インスタのフォロワーに向けてさまざまな発信をしていた小山麻代容疑者(インスタグラムより)

 東京都内で複数人での性的な行為を伴う“大人のパーティ”を開催し、会場用に民泊施設などを提供したとして、男女5人グループが逮捕された事件。警視庁によれば、沢村雅也容疑者(32)、小山麻代容疑者(42)ら5人は都内の民泊など18か所で、月15回ほど定期的にパーティを開催していたとみられている。「パーティは毎回20人から60人が参加し、10年間でおよそ6億5000万円を荒稼ぎしていたようだ」と全国紙記者。このグループはパーティ愛好家の間で悪名が轟き、警察への“密告”の動きが加速していたという。

 その動きに最初に火を付けたのが、今年6月、ツイッター上に突如表れたアカウント「乱交パーティ内部通報用」だ。

〈金で女性を釣り、男性を嘘の情報で集め、お金をぼったくり、脱税し、警察からも情報を得ながら公然と乱交パーティ開催する首謀者が許せなくなりました〉

 開設した動機についてそう綴るこのアカウントでは、各地で開かれるみだらなパーティの情報提供を呼びかけ、自ら警察に通報していることを明かす。そして数あるパーティ主催者のなかで、摘発を狙う“本命”が、今回逮捕された沢村容疑者や小山容疑者らのグループだったという。同アカウントを立ち上げた男性Aさんが週刊ポストの取材に応じた。

ツイッターアカウント「乱交パーティ内部通報用」(その1)

ツイッターアカウント「乱交パーティ内部通報用」(その1)

「私もパーティの主催者側の人間ですが、沢村容疑者と小山容疑者の主催するパーティは業界のルール無視があまりにも目に付いたのです。そのひとつが行きすぎた営利目的。1回2万円、3万円の参加費で『女性10人と楽しいひと時を』などと謳いながら実際は3人しかいなかったり、その3人は素人女性ではなくプロだったりと、趣味のパーティとは程遠いものでした。集められた女性たちは沢村容疑者らから金銭を受け取って雇われていた形で、パーティと称して風俗営業をしていたようなものでした」(Aさん)

 また、沢村容疑者らはパーティの主催者側から疎まれる“御法度”の行為を重ねていたとAさんは証言する。

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン