ビジネス

「この店の灯は僕が守る」と早大卒業生が老舗酒屋で始めた早稲田の角打ち

 地下鉄東西線早稲田駅から高田馬場方面へ約5分、早稲田通り沿いに店を構える『もちだ酒店』。早稲田大学のキャンパスが一帯に広がるこの地で、昭和の時代から学生たちと温かい交流を続けてきた老舗酒屋だ。

 2代目店主の望田健二さん(78歳)が、「俺ももう歳だし、そろそろ閉店しよう」と思っていた3年前に、「お世話になった老舗酒屋の灯を消すわけにはいかない!」と、早大卒業生の清武大貴さん(30歳)が中心となり、クラウドファンディングで資金を集めて店を改装、酒屋の奥のスペースで角打ちを始めた。

「早大卒業生と店主の絆に胸を打たれた」という常連客も通う

「早大卒業生と店主の絆に胸を打たれた」という常連客も通う

 清武さんは、熱い想いをこう語る。

「福岡から上京して、学生時代にここでアルバイトをしていたのですが、親父さん(健二さん)からはたくさんのことを学びました。

 運動部の連中は、店主の奥さんの路子さん(78歳)に度々ご飯を食べさせてもらったり、倉庫だった場所で打ち上げをしたり、店主夫妻には本当に可愛がってもらってきたから、この場所は絶対なくしちゃいけないと思って。

 それに、角打ちをやれば、OBと現役学生を繋ぐ場所になるし、就職活動にも役立つんじゃないかと考えたんです」

 昼間は会社に勤め、夜は料理を仕込んで角打ちを切り盛りする清武さんは、「面倒見のいい兄貴みたいな存在」として慕われている。

「清武とは商店街のお祭りなんかでよく顔を合わせているから昔っから知ってるけど、人懐っこい子でね、一生懸命働いていて、みんな応援していますよ」(60代、会社経営)

「早稲田の卒業生たちがたくさん訪れるアットホームなお店ですよ。親父さんと若い人たちの絆、そのストーリーに胸が熱くなるね」(50代、不動産管理業)

「ここに来ると若者と情報交換できるのもいいんですよ。卒業生たちがボトルを入れると20歳以上の現役生たちは無料で飲めるという学生奨学ボトルっていうのを考案して、学生への愛と繋がりの深さを感じるよね」(50代)

 と店を応援する常連客も多い。

関連記事

トピックス

真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
優勝11回を果たした曙太郎さん(時事通信フォト)
故・曙太郎さん 史上初の外国出身横綱が角界を去った真相 「結婚で生じた後援会との亀裂」と「“高砂”襲名案への猛反対」
週刊ポスト
伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン