ビジネス

「この店の灯は僕が守る」と早大卒業生が老舗酒屋で始めた早稲田の角打ち

 地下鉄東西線早稲田駅から高田馬場方面へ約5分、早稲田通り沿いに店を構える『もちだ酒店』。早稲田大学のキャンパスが一帯に広がるこの地で、昭和の時代から学生たちと温かい交流を続けてきた老舗酒屋だ。

 2代目店主の望田健二さん(78歳)が、「俺ももう歳だし、そろそろ閉店しよう」と思っていた3年前に、「お世話になった老舗酒屋の灯を消すわけにはいかない!」と、早大卒業生の清武大貴さん(30歳)が中心となり、クラウドファンディングで資金を集めて店を改装、酒屋の奥のスペースで角打ちを始めた。

「早大卒業生と店主の絆に胸を打たれた」という常連客も通う

「早大卒業生と店主の絆に胸を打たれた」という常連客も通う

 清武さんは、熱い想いをこう語る。

「福岡から上京して、学生時代にここでアルバイトをしていたのですが、親父さん(健二さん)からはたくさんのことを学びました。

 運動部の連中は、店主の奥さんの路子さん(78歳)に度々ご飯を食べさせてもらったり、倉庫だった場所で打ち上げをしたり、店主夫妻には本当に可愛がってもらってきたから、この場所は絶対なくしちゃいけないと思って。

 それに、角打ちをやれば、OBと現役学生を繋ぐ場所になるし、就職活動にも役立つんじゃないかと考えたんです」

 昼間は会社に勤め、夜は料理を仕込んで角打ちを切り盛りする清武さんは、「面倒見のいい兄貴みたいな存在」として慕われている。

「清武とは商店街のお祭りなんかでよく顔を合わせているから昔っから知ってるけど、人懐っこい子でね、一生懸命働いていて、みんな応援していますよ」(60代、会社経営)

「早稲田の卒業生たちがたくさん訪れるアットホームなお店ですよ。親父さんと若い人たちの絆、そのストーリーに胸が熱くなるね」(50代、不動産管理業)

「ここに来ると若者と情報交換できるのもいいんですよ。卒業生たちがボトルを入れると20歳以上の現役生たちは無料で飲めるという学生奨学ボトルっていうのを考案して、学生への愛と繋がりの深さを感じるよね」(50代)

 と店を応援する常連客も多い。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト