ビジネス

「この店の灯は僕が守る」と早大卒業生が老舗酒屋で始めた早稲田の角打ち

 地下鉄東西線早稲田駅から高田馬場方面へ約5分、早稲田通り沿いに店を構える『もちだ酒店』。早稲田大学のキャンパスが一帯に広がるこの地で、昭和の時代から学生たちと温かい交流を続けてきた老舗酒屋だ。

 2代目店主の望田健二さん(78歳)が、「俺ももう歳だし、そろそろ閉店しよう」と思っていた3年前に、「お世話になった老舗酒屋の灯を消すわけにはいかない!」と、早大卒業生の清武大貴さん(30歳)が中心となり、クラウドファンディングで資金を集めて店を改装、酒屋の奥のスペースで角打ちを始めた。

「早大卒業生と店主の絆に胸を打たれた」という常連客も通う

「早大卒業生と店主の絆に胸を打たれた」という常連客も通う

 清武さんは、熱い想いをこう語る。

「福岡から上京して、学生時代にここでアルバイトをしていたのですが、親父さん(健二さん)からはたくさんのことを学びました。

 運動部の連中は、店主の奥さんの路子さん(78歳)に度々ご飯を食べさせてもらったり、倉庫だった場所で打ち上げをしたり、店主夫妻には本当に可愛がってもらってきたから、この場所は絶対なくしちゃいけないと思って。

 それに、角打ちをやれば、OBと現役学生を繋ぐ場所になるし、就職活動にも役立つんじゃないかと考えたんです」

 昼間は会社に勤め、夜は料理を仕込んで角打ちを切り盛りする清武さんは、「面倒見のいい兄貴みたいな存在」として慕われている。

「清武とは商店街のお祭りなんかでよく顔を合わせているから昔っから知ってるけど、人懐っこい子でね、一生懸命働いていて、みんな応援していますよ」(60代、会社経営)

「早稲田の卒業生たちがたくさん訪れるアットホームなお店ですよ。親父さんと若い人たちの絆、そのストーリーに胸が熱くなるね」(50代、不動産管理業)

「ここに来ると若者と情報交換できるのもいいんですよ。卒業生たちがボトルを入れると20歳以上の現役生たちは無料で飲めるという学生奨学ボトルっていうのを考案して、学生への愛と繋がりの深さを感じるよね」(50代)

 と店を応援する常連客も多い。

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン