国内

51年の歴史に幕を降ろした「東洋一の刑務所」 受刑者の「1日のスケジュール」とは

500回超の慰問ライブ(プリズン・コンサート)をおこなってきた音楽ユニット・Paix2(以下、ペペ)のふたり

500回超の慰問ライブ(プリズン・コンサート)をおこなってきたPaix2(以下、ペペ)のふたり。黒羽刑務所にて

 政治家やタレントなど著名人の受刑者も多く服役した黒羽刑務所(栃木県大田原市)。51年の歴史を持つ同刑務所は、その規模などからかつて「東洋一の刑務所」と呼ばれたが、老朽化や受刑者の減少に伴い、今年3月に閉庁された。ドラマ『六本木クラス』のロケ地にもなった同刑務所内部への潜入取材が実現。刑務官の案内のもとで刑務所内を歩きながら、受刑者の1日のスケジュールを解説してもらった。【前後編の後編。前編を読む

 起床は、朝6時半。ひと一人が寝転がっただけで床いっぱいになってしまう、狭い独居房のスピーカーから、小鳥のさえずる音が流れる。刑務官の「起床!」という号令が響く10分後の点呼までの間に、布団を畳んで壁際に寄せ、ほうきと雑巾、ブラシで便器と室内を掃除する。

 点呼の後、朝食(配食から食器洗いまでを含めて)を挟んで、7時半には工場に移動する「出役(しゅつえき)」だ。工場に入ると、まずは更衣室で作業服に着替える。更衣室の内部は獄衣(普段着)を脱いで掛けるスペースと、作業服が掛かっているスペースに分かれており、その間に刑務官が立っている。かつては、ここで“カンカン踊り”がおこなわれていた。黒羽刑務所で総務部長(取材当時)を務める吉川和成さんが説明する。

「現在は、全裸での検身(不正に隠し持っている物がないかどうかを確認する)はやりません。原則として、下着をつけたままの検身ですね」

 午前中の刑務作業は、8時から昼の12時まで――所内にある12の工場では様々な製品が作られていた。古くは、ステンドグラスのランプスタンドや釣り竿、羽毛布団。最近では携帯電話の部品や電気のスイッチなどである。

 工場が稼働しているこの時間帯に、別の受刑者たちは敷地内の「炊場」で、黒羽刑務所から約30キロの距離にある喜連川(きつれがわ)社会復帰センターや周辺の刑事施設なども合わせた数千人分の配給食を作っている。

 これまで日本全国の刑事施設を回り、500回超の慰問ライブ(プリズン・コンサート)をおこなってきた音楽ユニット・Paix2(以下、ペペ)のふたりは、受刑者たちの暮らしぶりを目の当たりにしてきた。そのたびにワンルームマンションより広い冷蔵室や巨大な調理器具を目にし、圧倒されてきたという。黒羽刑務所を案内してくれた、ぺぺの井勝めぐみさんが「病食」と書かれたキッチンスペースの一角に目を留めると、首席矯正処遇官の小川貴史さんがこう説明してくれた。

「受刑者の中には、糖尿病をはじめとした持病を持つ者も少なくありません。彼らのための食事が混ざらないように、調理する場所も分けているんです。黒羽の炊場はPFI(民間事業者との共同事業)で、味の評判も良かったですね」

 昼食は、12時から40分間。その後、12時40分から14時30分までの刑務作業が終わると、グラウンドでの運動が許される(30分間)。妙に写真映えする青空トイレは、せっかくの運動時間を用便の往復で消費せぬように、との配慮と要請で設置されたものだったそうだ。

 ひと汗流したところで、夏は週3回、冬は2回の入浴時間がやってくる。ステンレス製の浴槽には、1度に50人が入る。ここでは、座り込まずに中腰で浸かるのが規則だ。入浴時間は15分の入れ替え制で、5分毎に電光掲示板で示される。なお炊場や営膳(施設の修理や土木作業)に従事する受刑者たちは例外で、たとえば炊場にはそこで作業する者のためだけに、独立した浴場が備え付けられている。

 入浴後、16時40分までにすべての受刑者は独居房、雑居房に戻り、10分後には点呼。17時から30分間の夕食を終えると、ラジオ放送が流れて自由時間が始まる。ぺぺの北尾真奈美さんが説明する。

「雑居房だと、チャンネル争いがあって好きなテレビ番組も見られないそうです。独居房だとその心配はないし、勉強するにしても、手紙を書くにも落ち着けるという話は、よく受刑者の方から聞きます」

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト