芸能

趣里、主演ドラマにインティマシー・コーディネーター参加 母・伊藤蘭の希望も

趣里

趣里のドラマにインティマシー・コーディネーターが参加するのは母・伊藤蘭の希望か

“原点回帰”した『相棒season21』(テレビ朝日系)が好調だ。初回は視聴率17.3%と、今年の民放ドラマのなかで首位発進。第2話から5話も視聴率は15%前後で推移しており、注目を集めている。

 今クールの見どころは、寺脇康文(60才)演じる、亀山薫の再登場だ。ドラマファン同様に、主演の水谷豊(70才)も寺脇とのコンビ復活に喜びを隠せない様子だという。
「10月には決起飲み会が開催されましたし、視聴率の好調で士気はさらに高まっています。現場の中心はやはり水谷さんですが、水谷さんが寺脇さんの意見を尊重していることもあって、皆が一丸となって撮影が進んでいます」(テレビ局関係者)

 そんななか、水谷にはもう1つ、うれしいニュースが舞い込んだ。愛娘の趣里(32才)が、2023年下期のNHK連続テレビ小説『ブギウギ』のヒロインに決まったのだ。

「水谷さんは事前に聞かされておらず、ヒロイン発表会見のニュースを見て初めて知ったと、うれしそうに話していました」(前出・テレビ局関係者)

 趣里は水谷と伊藤蘭(67才)の一人娘で、2011年に『3年B組金八先生』(TBS系)で役者デビューを果たした。

「小柄で細身ですが、画面越しだと途端に存在感が増すタイプの女優です。目力があり、子猫のような顔立ちも唯一無二の魅力といえます。デビュー以降、年に3本前後の舞台出演をしながら、映像作品にも精力的に出演し、着実に演技力を磨いてきました」(演劇ライター)

『ブギウギ』は戦後、「ブギの女王」として一世を風靡した歌手・笠置シヅ子をモデルにした物語だ。シヅ子はコテコテの大阪弁をしゃべるユニークな人物だった。

「趣里さんはコミカルな演技も得意で、ほっそりとした体形も本人に近い。明るい性格もシヅ子のイメージとぴったり重なります」(前出・演劇ライター)

 趣里は、水谷が38才のときに生まれた、待望の第1子だった。

「水谷さんは撮影の合間を縫って幼稚園への送り迎えをし、幼い趣里さんは父親を『ダダ』と呼んでいた。何でもいうことを聞いてしまい、趣里さんが欲しいものをすぐ買い与えてしまうほど、甘いパパだったそうです(笑い)」(芸能関係者)

 有名俳優の父と、歌手の母を持つ趣里だが、最初から女優を志したわけではない。10代の頃に目指していたのは、バレリーナだった。

「『せめて高校に行ってほしい』という両親の反対を押し切って、15才でイギリスの名門バレエ学校に留学したほどの実力でした。しかし、アキレス腱と足首に大けがを負い、帰国を余儀なくされました」(前出・芸能関係者)

 帰国後、日本でリハビリを重ねたが、元のようには体が動かせず、クラシックバレエの道を断念した。目標を失い、人生に絶望する娘のそばに寄り添ったのは伊藤だった。

「部屋からほとんど出てこず、引きこもり状態が続いたそうです。蘭さんは仕事をセーブして、娘のサポートを続けた。趣里さんは次第に元気を取り戻し、高卒認定試験に合格し、晴れて日本大学の芸術学部に入学しました」(水谷家を知る人)

関連キーワード

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン