芸能

サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」

焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅

焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅

 お笑い芸人のサンシャイン池崎(41才)が、テレビ番組やYouTubeでもおなじみの猫と暮らす自宅で恋人と同棲状態にあることがわかった。

 アウターなしでは、少し肌寒さを感じた11月中旬の夜。片時も離れたくない男女にはうってつけの気温なのだろう、都内某所の路上には、街灯の下を密着して歩く一組のカップルがいた。

 男性は女性の肩に腕を回し、しきりに耳元で話しかける。女性はハンドバッグを前後に揺らしながら、楽しそうに笑顔で応え、甘えるような仕草を繰り返す男性に、優しく寄りそっていた。その夜、焼き鳥店で食事を楽しみ、ほろ酔い加減で歩いていたのは、サンシャイン池崎。店に居合わせた客が話す。

「池崎さんは常連なんでしょうね。彼女に『これはどう?』なんておすすめのメニューを提案しながらオーダーしてましたよ。彼女が『おいしい!』と感激すると、『だろ~?』とうれしそうでした」

 池崎は2016年の大みそか特番『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』(日本テレビ系)で、俳優の斎藤工(41才)と共演したのをきっかけにブレーク。タンクトップにハチマキ姿で絶叫するネタで一躍人気者になった。とにかく明るく大声で叫ぶというシンプルな芸風だが、実は国立大学工学部出身という頭脳派だ。

「システム工学科で、人工知能やAIなどの先端技術を研究していたそうです。それに彼はスポーツも万能。高校時代はボート部で県大会2位という成績を残しています」(芸能関係者)

 幼少期は苦労もあった。父親のたばこの火の不始末で、自宅が2度も全焼したのだ。

「火事の後に建てた家は、トイレも風呂もなく、雨漏りも日常茶飯事。誕生日のごちそうは『魚肉ソーセージののり巻き』というほどの極貧生活を送りました。それでも家族仲はよく、ブレーク後には新築の家をプレゼントしました」(テレビ局関係者)

 東京の池崎の自宅は高級住宅街の一角にあるデザイナーズアパート。独身ながら、“賑やかな生活”を送っているという。

「3年ほど前に、保護施設から2匹の猫、『風神』と『雷神』を引き取り、今年の秋には3匹目の『のりしお』が加わりました。YouTubeチャンネル『ふうちゃんらいちゃんねる』では、3匹との暮らしをアップしていて、収益はすべて保護猫団体に寄付。施設も頻繁に訪れ、掃除や世話を手伝っているそうです」(前出・テレビ局関係者)

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン