スポーツ

引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者

東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明

東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明

 これまで日本人のNPB経験者で医師になった者はおらず、元DeNAの寺田光輝が2021年10月、東海大学医学部に秋から編入学した際は、話題をさらった。

「実家が医師家系ということもあって、頭のどこかで“医者”の文字はありました。ただ野球をやっているときはそれを忘れ、たった2年のプロ生活でしたが完全燃焼しました」

 2017年にDeNAに6位で指名された男は、2019年に戦力外通告後、1年半の猛勉強の末、見事医学部に合格。医師になるため勉学に励んでいる。

 一方、元ロッテの島孝明は、高卒3年目の2019年オフに、当時の吉井理人投手コーチ(現ロッテ監督)に相談した結果、自らの意思で退団を申し入れた。そして、その翌年4月に國學院大學人間開発学部に入学する。

「ルーキーイヤーにイップスにかかってしまい、3年間苦しみました。いまは、バイオメカニズムの分野を研究しながら運動心理学も学んでいます。目標は研究者です」

(文中敬称略)

【プロフィール】
寺田光輝(てらだ・こうき)/1992年生まれ、三重県伊勢市出身。独立リーグ・石川ミリオンスターズに2年間在籍し、2017年横浜DeNAベイスターズにドラフト6位で入団、19年引退。その後、2021年に東海大学医学部に編入学。

島孝明(しま・たかあき)/1998年生まれ、千葉県佐倉市出身。東海大学付属市原望洋高校で3年生の春に153キロを投げ、一躍注目を浴びる。2016年ロッテにドラフト3位で入団。2019年に現役引退を発表。2020年より國學院大學に進学。

【取材・文】
松永多佳倫(まつなが・たかりん)/ノンフィクション作家。1968年、岐阜県生まれ。琉球大卒業後、出版社勤務を経て執筆活動開始。『確執と信念 スジを通した男たち』(扶桑社)など著書多数。ビジネス書籍『第二の人生で勝ち組になる 前職:プロ野球選手』がKADOKAWAより発売中。

写真/木村圭司

※週刊ポスト2022年12月9日号

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン