スポーツ

解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”

松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)

松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)

 サッカーW杯カタール大会、1次リーグ・グループE組の2戦目で日本はコスタリカに0対1で敗れた。テレビ朝日では松木安太郎氏と内田篤人氏が解説を務め、視聴率42.9%(ビデオリサーチ調べ/関東地区。以下同)をマークした。松木安太郎研究家でライターの岡野誠氏はこの一戦で、松木氏のキラーフレーズである「いいボールだ!」の使い方に微妙な変化を感じ取っていた──。

 * * *
 近年、松木安太郎氏が「いいボールだ!」という回数が減っている。

 コスタリカ戦では後半32分相馬勇紀のCKに「おお、いいボールがきた!!」、続く33分の伊東純也のCKに「よっしゃ、いいボール!」と叫んだ。後半26分には鎌田大地が右サイドの伊東にロングフィードした際、吉野真治アナが「いいボールが通った!」と実況すると、「いいボールだ!」と追随した。ただ、松木氏の「いいボールだ!」の魅力は、選手が蹴った瞬間や直後に発する点にある。このシーンはあくまで『結果論いいボール』だった。

 つまり、コスタリカ戦を通して、松木氏は本当にいいボールになるか不明の状態で2度しか「いいボール」と叫んでいない。内田篤人氏の「いいボールだ!」(前半32分、37分)と同じ回数に留まった。

 これは以前の松木氏の解説を知る者にとっては、大いなる“異変”である。いったい、何が起こっているのか。かつての松木氏は、あまりに不用意に「いいボールだ!」と叫んでいる側面もあった。その好例として、2005年2月9日、ドイツW杯アジア最終予選の日本対北朝鮮戦の松木氏の解説を振り返ってみよう。

【※以下、ゴール前へのクロス「いいボール」を対象。左から試合時間(テレビ画面表示)、選手名、松木氏の叫び、その結果。本当にいいボールなら○、そうでなければ×】

前半27分 小笠原満男 「あ~いいボールだ!」→ DF難なくクリア ×
前半27分 鈴木隆行 「いいボールだ!」→ あと一歩、宮本恒靖に及ばず ○
前半32分 三都主アレサンドロ 「おおっ~いいボールだ!!」→ 誰にも合わず、GKパンチング ×
前半41分 小笠原満男 「おお、いいボールだ!!」→ GK正面。難なくパンチング ×
前半44分 三都主アレサンドロ 「おっおっ、いいボールだ!」→ DF難なくクリア ×
前半44分 小笠原満男 「お、いいボールだ!!」→ 鈴木隆行がヘディングシュート ○

後半1分 三都主アレサンドロ 「いいボールだ! 打て! 打て!」 → 玉田圭司、鈴木隆行に惜しくも届かず ○
後半12分 加地亮 「いいボールだ!」→ DF正面、ヘッドでクリアされる ×
後半21分 加地亮 「いいボールだ! よしっ!」→ 高原直泰がGKと競るもクリアされる ○
後半37分 三都主アレサンドロ 「いいボールだ!」→ DF難なくクリア ×

 10回も「いいボールだ!」と叫びながら、本当にいいボールは4回しかなかった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン