国内

「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除

ポーズを決める丸山容疑者

ポーズを決める丸山容疑者

 11月28日、長野県議の丸山大輔容疑者(48)が昨年9月に妻・希美さんを自宅で殺害した容疑で逮捕された。逮捕の決め手となったのは、Nシステム(自動車ナンバー自動読取装置)だった。

「丸山容疑者は事件当日、長野市の議員会館に宿泊していたと供述していました。しかし、事件が起きて間もない段階で、捜査本部はNシステムの解析結果から丸山容疑者の車が北信方面と自宅のある中信方面を往復していたことや、自宅に第三者の侵入した痕跡がないことを把握していました」(地元メディアの記者)

 捜査関係者によると、丸山容疑者は容疑を否認しているという。そんななか、女性トラブルが動機に繋がった可能性が浮上してきた。事件当時、丸山容疑者は妻とは異なる女性と交際していたことが地元・長野放送などで報じられた。それ以前にも複数の女性と交際していて、警察は、女性関係のトラブルが動機ではないかと見ているという。

 丸山容疑者は、長野県塩尻市で明治時代から続く老舗酒造「笑亀酒造」の生まれ。先代社長の急逝により2002年に社長に就任し、営業活動も兼ねて、あちこちの飲み会に顔を出していた。気さくな人柄で、“笑亀(しょうき)マン”というあだ名の人気者だった。

「長野県内の超名門高校、そして慶應義塾大学の経済学部を卒業したエリートなのに、すごくノリが良くて明るいんです。人に迷惑をかけるような飲み方はせず、お酒の席を楽しく盛り上げていました。男女問わず、“笑亀マン”のファンは多かったですよ」(丸山容疑者の知人)

 この知人によると、丸山容疑者は下ネタ好きな一面もあったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト