ライフ

朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます

元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する

元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する(撮影/井上たろう)

 気温差が激しく、底冷えした11月中旬の朝8時。東京・後楽園駅前で5人の女性が一列に並び、『Mickey』の音楽が始まるやコートをパッと脱ぎ捨てた。路上にいきなり現われたチアガール。全力で激しくダンスをしながら、通勤途中の会社員や有名私立校の小学生たちに“勝手に”「ゴー、ファイト、ウィン!」とエールを送る。

 正式に言うとチアガールではなくチアリーダー。彼女たちは社会人で、普段は整体師や医療従事者などとして働き、全日本応援協会「全日本女子チア部☆AJO」に所属する。部長でフリーアナウンサーの朝妻久実さんは話す。

「もともと朝チアは初代リーダーの齊藤彩さんが一人で新宿駅前で始めた活動でした。13年前、その姿を見た私はまさに人生のどん底の時期。テレビ局の入社試験は70社落ち、地方局での契約も1年で終了。上京したもののフリーアナの仕事も皆無。そんな時に齊藤さんの姿に感動して活動に加えてもらい、おかげで気持ちが前向きになり仕事が増えたんです。チア番組の司会のお仕事をいただいた時に確信しました。応援は幸福を呼ぶと」

 そんな活動は人づてやSNSで伝わり、メンバーは10人に増員。理学療法士として小児施設で非常勤勤務する加門知美さんもそのひとりだ。

「大学時代にチアをしていたので朝チアのニュースを見て興味を持ち入部しました。朝チア後は職場に向かいます」

 素通りする人がほとんどだが、走行中の軽トラや遠くのバス停から手を振る人も。そして、「応援」する彼女たちを応援する支援者もいる。突然「いってらっしゃい」と言われたら驚くが、たまにはこんな1日の始まりがあってもいい。

取材・文/河合桃子

※週刊ポスト2022年12月9日号

関連記事

トピックス

5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン