スポーツ

「祖父は相場師、父は『麦と兵隊』に登場」力道山未亡人は家族も激動の人生だった【力道山未亡人~元日航CA・田中敬子の数奇な半生~#2】 

夫・力道山の墓参りに訪れた敬子さん

夫・力道山の墓参りに訪れた敬子さん

“日本プロレスの父”力道山が大相撲からプロレスに転向し、日本プロレスを立ち上げてから2023年で70年が経つ。力道山はすぐに国民的スターとなったが、1963年の殺傷事件で、39年間の太く短い生涯を終えた。しかし、力道山を取り巻く物語はこれで終わりではない──。彼には当時、結婚して1年、まだ21歳の妻・敬子がいた。元日本航空CAだった敬子はいま81歳になった。「力道山未亡人」として過ごした60年に及ぶ数奇な半生を、ノンフィクション作家の細田昌志氏が掘り起こしていく。今回の舞台は敬子が生まれた81年前に遡る。【連載の第2回。第1回から読む】 

  * * * 

「相場師の孫」として生まれる 

  田中敬子は日米開戦半年前の194166日、田中勝五郎、鶴子夫妻の長女として横浜市保土ヶ谷に生まれた。 

  実家は一帯に広大な田畑を有し、何所帯もの小作農に貸し与える言わば豪農だった。一家の大黒柱は祖母の志がで、嫁の鶴子は無論、家長である勝五郎も、志がには頭が上がらなかった。 

  才気煥発、男勝りな志がは、敬子の脳裏にも強い印象を残している。 

 「私が人並みの所作が出来るのは、おばあちゃんのお陰。本当に厳しい人で、弟なんかよく引っ叩かれてました。誰も何も言えない、言ってみればゴッドマザー」 

  田中家は代々の農家ではない。富山県下新川郡生まれの志がは駆け落ちで横浜に流れ着いている。相手は田中金次郎という米の相場師である。 

  富山の下新川郡と言うと、1918年に日本各地で発生した「米騒動」発生の地として知られる。出奔の背景に騒動があったかどうかまでは判然としないが、米価高騰を端緒に、問屋や相場師の糾弾を目的とした一連の騒擾を見るに「無関係ではなかったのでは」と筆者は見る。 

  事実、それは出奔後の行動に現れている。横浜市内に所帯を構えた金次郎と志がは、相場で得た資金を元手にいくつかの事業を手掛けたのち、橘樹郡保土ヶ谷の土地を買った。現在の横浜市西区久保町である。今でこそビルやマンションの立ち並ぶる一帯だが、昭和初期は荒地も同然で、二束三文で土地を買い漁った金次郎は、何人もの使用人を雇って開墾に励み、田畑に作り変えた。米と野菜の収穫で財を成したのは、相場師としての知見が物を言ったのではあるまいか。

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン