スポーツ

「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮

「田中碧選手のファンです!」と語る2人組

「田中碧選手のファンです!」と語る2人組

 ワールドカップ・カタール大会のグループリーグ第3戦で日本代表が強豪スペインに逆転勝利。グループリーグ1位通過の快挙に、東京・渋谷駅前のスクランブル交差点では、早朝にもかかわらず若者を中心に多くのサポーターが詰めかけ、興奮と感動を分かち合った。

 そんななか、渋谷のセンター街からスクランブル交差点前へと、自撮り棒で動画を撮影しながら歩いてきた女性2人組。代表のユニフォームに袖を通し、頬には日の丸のメイクまで施しており、劇的勝利に興奮冷めやらぬ様子だった。

「いえーい! めっちゃ嬉しいです! すごくどきどきしながら観ていました。特に、田中碧選手のゴールで逆転したときの店内はもうとにかくやばかったです! (誰のファン?)田中碧選手です! ゴールを決めてくれたときは、もう、やばかった。感動しました!

 実は、初戦のドイツ戦で日本が勝ってから初めて本格的に見るようになった“にわか”です(笑)。今日は初めてユニフォームにちゃんと着替えて、2人で渋谷のスポーツバーに観戦しにきました。また観戦したい! 応援してま~す!」

 そう言うと、スクランブル交差点の雑踏に消えていった。次に話を聞いたのも、ほろ酔いの女性3人組。このうち青のボーダーの女性は、またしても田中碧選手の熱烈ファンだという。

「さっきまで3人でセンター街のスポーツバーで観戦していました! 酔っ払いですみません(笑)。私、田中碧が大好きで、2点目のときはVARでちょっと焦りました。みんなも『え、どっちどっち』みたいになってました(笑)」

 逆転の瞬間については、ほかの2人も、「もう、もう、衝撃的でした。時差で大地が揺らぎました!」「揺らいだよね(笑)。一瞬の逆転でウソかと思った」と興奮を隠せない。

「正直、『0-1でいくやろうなあ』みたいなテンションになっていたんですけど、それを超えていった。なんか、日本人として誇りに思います! こんなに面白い試合はないって本当に! これを超えるサッカーの試合はもう人生で訪れないんじゃないかと思います」

 さらに森保一監督の采配について尋ねると、「本当、認めるしかない! 森保監督、素晴らしかったです!」と賛辞を送り、一同拍手。決勝トーナメント1回戦のクロアチア戦について尋ねると、自信満々の様子。

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト