スポーツ

【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱

ハイタッチする人々

ハイタッチする人々

 ワールドカップ・カタール大会のグループリーグ第3戦で日本代表が強豪スペインに逆転勝利。グループリーグで見事1位通過を果たした。この熱戦を、本誌・週刊ポスト記者は、渋谷駅からほど近いスポーツバーで観戦した。

 試合開始1時間前の午前3時の渋谷は人もまばらで、タクシーの運転手さんも「いつもと変わらないね」と語っていた。この時点では日本代表のユニフォームを着た人もハチ公前にポツポツいる、という程度。センター街の客引きも暇そうで、「サッカー観戦できる居酒屋空いてます」と道行く人に声をかけていたが、誘いに乗る人はいないようだった。

 それでも試合開始30分前になると、日本代表ユニフォームを着たサポーターの若者がセンター街のスポーツバーなどに向かって「オーニッポン~!」と歌いながら歩いてきたり、「バモス!」(vamos=スペイン語で“さあ行こう”といった意味で使われる)と、すれ違う人に声をかける日本人の若者が現われた。

 試合開始直前、いざスポーツバーの店内に入ると、約半数が日本代表ユニフォーム、私服が残り半数。みな真剣に中継画面を見つめていた。泥酔した客はほとんどおらず、ピッチに日本代表が登場すると片手をあげて自然と「オーニッポン~、ニッポン~、ニッポン~、ニッポン~」の大合唱に。

 社会人男性3人組に話を聞くと「もしあのスペインに勝ったら渋谷めっちゃおもろいやん? と思って、今日はあえて生観戦に来ました。このあと仕事なので3時まではカプセルホテルで仮眠して整えてきました。勝ってくれないことには仕事のモチベーションも上がらない」とのこと。

 一方、日本代表のことをほぼ知らないというナンパ目的と思しき大学生もごく少数混じっており、前半に日本が先制された後には「サッカー観ないで騒ぎたいだけなら帰れや!」「おまえら黙っとれ!」と他の客に怒鳴られて、一瞬ピリッとした空気になった。

  後半に入り、日本が得点を重ね逆転すると、自然とハイタッチが発生、店内もより一体感が増した。試合終盤は、ルイス・エンリケ監督の顔が画面に抜かれるたびに「焦ってる! 焦ってる!」とコールが起こる興奮状態に。

 後半ロスタイム7分と表示されると「7分が長すぎる」「ドーハだからなにが起こるかわからんで」といった不安の声が飛び交った。試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、店員さんも含めて全員が「うおー!」と叫びながら、ハイタッチしたり飛び跳ねたりして歓喜のるつぼに。うれし涙を流す男性サポーターもいた。

 興奮冷めやらぬなか、森保監督のインタビューが始まるころには20人ほどの若者が渋谷のスクランブル交差点へ向かって足早に店を出て行った。センター街からスクランブル交差点へ向かって各スポーツバーや飲食店から続々と人が抜け出し、ここでも至る所でハイタッチや「オーニッポン~!」のコールが発生。スクランブル交差点には警官隊が待ち構えて大声で交通整理にあたったが、目立ったトラブルや喧嘩などは見受けられなかった。

 7時以降になるとサポーターたちは徐々に帰途につき、入れ替わるようにサラリーマンや通学する学生が増えてきた。熱狂と興奮の渋谷だったが、コンビニ前など、路地にはゴミが散乱していた。現地カタールでは日本のサポーターたちのゴミ拾いが称賛されていたが、渋谷では違ったようだ。

関連記事

トピックス

大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
21歳で4番デビューし、様々な記録を残してきた岡本和真
巨人の4番・岡本和真「6年連続30本」でもそこまで評価されないのはなぜか OBや番記者が指摘「キャラクターで損をしている」
週刊ポスト
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン