スポーツ

スペイン戦同点弾の堂安律 地元・尼崎の商店街で称賛続々も「やっぱり岡田阪神のほうが楽しみや」の声

堂安の活躍に地元からも歓喜の声が(Sipa USA/時事通信フォト)

堂安の活躍に地元からも歓喜の声が(Sipa USA/時事通信フォト)

 勝てばグループリーグ突破というスペインとの大一番で、初戦のドイツ戦に続いて堂安律(24、独フライブルク)がゴールネットを揺らした。ドイツ戦では後半に途中出場して同点ゴールを決め、スペイン戦でも後半からピッチに入ると同点弾が飛び出した。「(ドイツ戦を)奇跡でなく、必然だったと思わせたい」という宣言をしたうえで結果を出した堂安には、地元の兵庫・尼崎でも「地元の宝や」と称賛の声が相次いでいる。

 ドイツ戦に続きスペイン戦でも、堂安の値千金の同点ゴールに続く逆転弾が決まり、日本代表は「死の組」を2勝1敗で勝ち上がった。その快挙が世界中から驚きをもって受け止められている。ゴールを決められなかったコスタリカ戦から一転、再びヒーローとなった堂安の出身地は兵庫県尼崎市。地元の小学校、中学校に通いながらガンバ大阪ジュニアユース、ガンバ大阪ユースでプレーし、高校2年にしてガンバ大阪でプロデビューしている。

「小学4年でセレッソ大阪のジュニアユースの入団選考に漏れ、その時の悔しさがその後のバネになった。3兄弟の末っ子で、J3のAC長野パルセイロでプレーした元Jリーガーの兄・優さんと一緒に尼崎市内のショッピングセンターの屋上のフットサルコートでサッカー教室を開いている。堂安は地元エリアの児童養護施設にサッカー用品や遊び道具を寄付する活動を続けており、尼崎ではヒーローです」(地元記者)

 堂安の実家は阪神電鉄沿線にあり、子供の頃に家族で買い物や食事に出かけたのは阪神尼崎駅前の尼崎中央商店街(一番街~五番街)だった。スペイン戦当日に阪神尼崎駅前で道行く人に話を聞くと、満面の笑みでのコメントが相次いだ。

「堂安? ようやった。尼崎の宝や」(70代男性)
「尼崎の誇りやわ。地元出身の選手が活躍することで勇気がもらえる」(50代女性)

 同商店街は毎年、プロ野球が開幕すると同時に「日本一早いタイガース優勝マジック」を点灯させることで知られている。これはW杯でも大盛り上がりかと思って覗いてみると、プロ野球シーズン中に掲げられる〈めざせ!てっぺん 優勝祈願〉といった垂れ幕はなく、“優勝マジック”の掲示される〈めでタイガー〉のボードは数字がない状態でレールを行き来していた。〈堂安律〉や〈W杯〉といった文字は見当たらない。

 尼崎中央三丁目商店街振興組合の寺井利一理事長に聞いてみた。

「堂安選手が家族で来られていたことは知っているし、いまでもご両親の顔は見ます。地元出身の選手が活躍するのは誇りだし、個人的には応援しています。ただ、商店街を挙げてサッカーW杯関連の記念セールとかはなかなかできないんです。応援セールには準備期間が必要で、短期間の大会だとどんな結果になるか予想もつかない。

 きちんと応援するには、準備期間と資金、それに情熱も必要なんです。阪神のように半年以上かけてペナントレースを戦うのではなく、サッカーW杯は一戦一戦の勝ち負けで一喜一憂する。ドイツ戦に勝利した後のコスタリカ戦で負けた時の国民の“手のひら返し”を見ていても、組合費を使ってのイベントはなかなか厳しい」

関連記事

トピックス

冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
羽生善治はいかにして復活を遂げたのか
【天才棋士・羽生善治の復活】AIの登場で下降し続けた成績 もがいて迷った1年を追う
週刊ポスト
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
Toshl、新曲での叫びはYOSHIKIへの決別宣言か「スッキリしてすがすがしい人生を」
女性セブン
,松本潤
平野紫耀、26歳の誕生日を韓国で迎える ソウルでの目撃情報にファン騒然
女性セブン
オーラを放ちながら店を出る松本
松本潤「生ビール400円」庶民派居酒屋に通う 大河の座長としてグルメ感度の高さを発揮
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
妻の松本伊代
松本伊代、正月は自宅で過ごすも再入院 ヒロミ「笑っちゃうほど大変」介護での共倒れを心配し苦渋の決断
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン