芸能

「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人

山崎静代と婚約相手

山崎静代と婚約相手の佐藤達(所属事務所のホームページより)

 漫才コンビ・南海キャンディーズの“しずちゃん”こと山崎静代(43)が紙芝居詩人で舞台俳優の佐藤達(とおる)と婚約したことを発表した。

 12月8日、TBSラジオ『JUNK山里亮太の不毛な議論』にサプライズ出演した山崎は、自らの言葉で婚約について語った。

 2019年、相方の山里亮太(45)に親友の女優・蒼井優を紹介し、結婚へとアシストした山崎にも待ちわびた春が来たようだ。

「40歳で結婚したい」と周囲に語っていた山崎が将来の伴侶に選んだ相手は、年上の47歳で、紙芝居詩人という個性派俳優だった。婚約相手の佐藤は秋田県出身で地元の高校を出たあと、茨城大学理学部を卒業した経歴をもつ。

 今でこそ芸人、役者、格闘家として人気の山崎は2003年に男女コンビ「南海キャンディーズ」を結成。翌年に出場したM-1で準優勝を飾り、一躍脚光を浴びた。その後、もともと劇団の養成所に通っていた山崎は映画『フラガール』(2006年)で女優デビューすると、高い演技力が評価され、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

 2007年にはボクシングを始めて、C級ライセンスも取得。2012年にはボクシング全日本女子選手権ミドル級で初優勝も果たし、オリンピックに挑戦したが「体力の限界」を理由に断念。近年は芸人活動の傍ら、映画やドラマ、舞台へと活動の幅を広げていた。親しい芸人仲間が語る。

「しずちゃんは自分のことを丁寧に扱ってくれるような人に惚れやすく、過去にはヨガのインストラクターに恋心を抱いたことがありました。以前から40歳くらいで結婚したいという願望があったようで、純粋な性格で尊敬できる人がタイプと周囲に語っていました。今年8月には山里さんと蒼井さんの間に娘さんが生まれて、しずちゃんも『私も2人くらい子どもを産みたい』と結婚願望が強くなったようです」

 しずちゃん本人も過去のインタビューで恋愛への積極的な思いを明かしていた。

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト