芸能

中森明菜が年内に新ファンクラブ設立、前事務所とのトラブルは解決へ向け進展か 恩人との別れ乗り越え復活

「S・Aプロジェクト」が進行中

恩人の死を乗り越えて…

 もう一度、明菜を表舞台に立たせたい──生前、周囲にそう語っていた音楽業界の重鎮が“奇跡の復活”を見届けることなく鬼籍に入った。2022年11月下旬、都内の病院で亡くなったのは、大手レコード会社の役員を歴任し中森明菜(57才)の「育ての親」と呼ばれた寺林晁さん(享年77)。1982年に明菜が『スローモーション』でデビューする前から彼女を支え、公私にわたって相談に乗った芸能界の後ろ盾のような存在だった。

「1999年に明菜さんとトラブルになった当時の事務所が“芸能界追放”を宣告した際も、寺林さんは彼女をかばった。明菜さんも『この人だけが私をわかってくれる』と全幅の信頼を置いていたのです。

 今回の“独立劇”にかかわってるかは別として、寺林さんが亡くなる直前まで明菜さんを復帰させたがっていたことは事実。夏に入院する前に寺林さんは彼女の楽曲の権利を持つ会社に出向き、復帰に関して話し合っていました」(レコード会社関係者)

 2017年のディナーショー出演を最後に表舞台から姿を消していた明菜が、新事務所「HZ VILLAGE」を立ち上げたのは2022年8月。同時期に開設された公式ホームページには、明菜の直筆で書かれた“Re-birth(再生)”の文字が。12月をめどにファンクラブを移行することも明かされたが、直後に露見したのが前事務所との契約トラブルだった。

「事前に相談もなく、書面で独立の意向を通知された前事務所サイドはひどく困惑していたそうです。結局8月以降は何の動きもなく、注目されたNHK紅白歌合戦の出場者リストに明菜さんの名前がなかったことに多くのファンが肩を落としました」(芸能関係者)

 12月中旬には前事務所がファンクラブの閉鎖を会員に告知したことが報じられ、不穏な空気が漂いはじめたが、「旧ファンクラブの閉鎖はむしろ大きな進展です」とは明菜を知る音楽関係者。

「近々、明菜さんが自らファンクラブを立ち上げるため、双方が事務的な処理を進めているそうです。前事務所も納得しているわけではないが、公式サイトが2つ存在する現状は混乱を長引かせるだけですからね」

 改めて明菜の取材窓口に尋ねると、広報担当者は現在「冬休み中」。そのうえで、今後については「今月中(2022年12月)には新しいファンクラブのご案内を公式サイトでさせていただく予定です」と回答があった。同社の休みはクリスマスまで。その後、何らかの発表があるとみられる。恩人の死を乗り越えて、伝説の歌姫がいよいよ復活する。

※女性セブン2023年1月5・12日号

新設サイトもオープン

新設サイトもオープン

中森明菜が新たな公式ページを開設(同サイトより)

中森明菜が新たな公式ページを開設(同サイトより)

デビューのきっかけとなった『スター誕生!」

デビューのきっかけとなった『スター誕生!」

デビューから瞬く間にスターに

デビューから瞬く間にスターに

小泉今日子(左)との1枚

小泉今日子(左)との1枚

ステージ上以外で見せる眼鏡姿

ステージ上以外で見せる眼鏡姿

『オールスター紅白大運動会』にも出演

『オールスター紅白大運動会』にも出演

事務所では社長となった

事務所では社長となった

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談
ヨグマタ相川圭子 ヒマラヤ大聖者の人生相談【第13回】結婚30年、離婚を考えています。妻のいやな部分ばかり目につくようになってきた
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン