国内

“パパ活飲酒”吉川赳・衆院議員、沈黙続けていても「冬のボーナス314万円」

沈黙続けても、冬のボーナスをもらえた吉川赳・衆院議員(時事通信フォト)

沈黙続けても、冬のボーナスをもらえた吉川赳・衆院議員(時事通信フォト)

 岸田政権の足を引っ張る岸田派議員──。その先陣を切ったのが、吉川赳・衆院議員だ。本誌『週刊ポスト』(2022年6月24日号)が報じた〈岸田派ホープ吉川赳・衆院議員と“おさげ髪18歳”のパパ活「飲酒」現場〉。6月9日、NEWSポストセブンに記事が掲載されると、吉川氏は「記事を見てから対応します」と記者団に語っていたが、翌日の本誌発売日に自民党を離党し、そのまま “雲隠れ”。有権者への説明は一切しないまま、6月末には夏のボーナスにあたる期末手当が支給されたことで与野党から議員辞職を求める声があがった。

 沈黙を続けた吉川氏は7月15日付のブログに本誌報道への約5200文字にわたる反論を掲載。焼き肉店で女子大生と飲食した際に、女子大生が「18歳」「大学1年生」と語っていたことについて「なるほど、大学一年生という設定なのね」と受け止めた、などと珍妙な言い訳を展開した。だが、焼き肉店での飲食後にお台場の高級ホテルにチェックインし、女子大生と部屋で過ごしたことについては触れなかった。

 8月3日、本誌報道から55日ぶりに臨時国会のため公の場に姿を現わした吉川氏は、「係争中の案件になるので」と語り、このまま説明しないと国民の理解が得られないと質問を重ねる記者たちに背を向け、再び逃げ去った。ある若手衆院議員はこう語る。

「2020年に国会の審議中に趣味の落語の本を熟読、スマホで自転車の通販サイトを閲覧していたことが報じられたこともある吉川氏ですが、先日、本会議で見かけた時は、すれ違う直前まで気付かないほど存在感を消すように息を潜めていました。離党して無所属になっても与党側の端の席なので、野党議員にいじられることもほとんどないんです」

 公の場での説明を拒み続ける吉川氏だが、会期末を迎えて再び冬のボーナスを手にしている。衆議院は、その額についてこう答えた。

「期末手当は12月10日支給が314万2802円。前回の6月支給は304万8987円でした。2022年の期末手当の総額は619万1789円になります。なお、衆院議員の一般議員の歳費は月129万4000円です」(広報課)

 加えて、議員には月額100万円の調査研究広報滞在費(旧文通費)も入る。国民に説明責任を果たさない議員に、はたしてふさわしいものなのか。

※週刊ポスト2023年1月1・6日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン