国内

安倍元首相銃撃、山上徹也容疑者が異例の長期鑑定留置 安倍昭恵さんも証人として出廷か

遺影を手にした昭恵さん(共同通信社)

安倍元首相の遺影を手にした昭恵さん(共同通信社)

 安倍晋三元首相(享年67)が凶弾に倒れてから5か月が経った。妻の昭恵さん(60才)は友人との京都旅行が報じられるなど日常を取り戻しつつあるようだが、つらい現実と向き合う日々が始まろうとしている。

「山上徹也容疑者(42才)の裁判が2023年4月頃までには始まる予定で、そろそろ検察から遺族へ処罰感情の聞き取りが行われると聞いています。昭恵さんは間違いなく話を聞かれる対象ですし、すでに聞き取りが始まっているかもしれない」(全国紙社会部記者)

 2022年7月、奈良県での遊説中、山上容疑者の手製の銃により殺害された安倍元首相。昭恵さんにとってはあまりに突然の別れで、事件後は部屋にこもり、憔悴しきっていたという。裁判が始まれば、昭恵さんが法廷に立つ可能性がある。岡野法律事務所九段下オフィスの伊倉秀知弁護士が解説する。

「被害者遺族が、被告人に厳罰を求める情状証人として出廷することがある。“故人はこんなにいい人だった”“私はこんなに悲しんでいる”といったことを、裁判で訴えることになる。昭恵さんが、検察側の証人として出廷することもあり得るでしょう」

 裁判では事件の悪質さを裁判員に訴えかけるために、当日の現場映像などが資料として法廷内に提示されることが予想される。事件を思い出すのは彼女にとってあまりにつらい。しかし、このつらい作業はもっと早く始まっていた可能性がある。

「一般的に刑事事件は容疑者が逮捕、起訴されたら、約2か月後から裁判が始まります。今回、いまだ起訴すらされていないのは、山上容疑者の鑑定留置に時間がかかっているからです」(前出・社会部記者)

 鑑定留置は、容疑者の刑事責任能力の有無を調べるために行われる。精神科医らによる脳波や知能など医学的検査、容疑者の家族への面接も経て総合的に鑑定される。山上容疑者の場合、7月25日に大阪拘置所で始まった鑑定留置が現在も続いている。当初は11月29日が期限だったが、奈良地検により、2023年1月10日まで延長された。

 一般的に3か月といわれる鑑定留置が、5か月以上も続くのは異例だ。弁護側は長期の鑑定留置に異議を申し立てており、検察サイドとの攻防戦もうかがえる展開に。

「一部のメディアが、山上容疑者が担当医に“子供の頃、母親が旧統一教会の用事に行って授業参観に来なかった”と不満を漏らしていたと報じたのです。こうした情報を検証するために、担当医が留置期間を延長したという報道でしたが、その後、山上容疑者の代理人弁護士が(山上容疑者)本人に確認した上で“そんなことは言っていない”と否定。“留置期間の延長”のために何らかの理由を世間にアピールしたい検察側の意図を指摘する声もあります。

 山上容疑者は弁護士以外、誰とも面会できない状態が続いています。いまなお、旧統一教会問題が世間の関心事の中、彼の法廷での言動は、さらにこの問題に火をつけることになる。裁判員裁判になりますから、検察としては裁判の時期をずらし、裁判員たちに冷静な判断をしてもらえるような状況にしたいという思いがあるのかもしれない」(在阪メディア関係者)

 日本中、いや世界中が注目する山上容疑者の言動。裁判を前に攻防戦は始まっている。

※女性セブン2023年1月5・12日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン