芸能

土屋太鳳 過去の交際騒動、破局を乗り越え、片寄涼太と結婚 2人が歩んだ5年の軌跡

交際は2017年から始まったという

交際は2017年から始まったという

 初日の出とともにもたらされたのは、突然の結婚報告だった。1月1日、土屋太鳳(27才)とGENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー・片寄涼太(28才)が結婚することを公表した。交際5年を経てのゴールインで、土屋は第1子を妊娠していることも明かした。

 ふたりは2017年6月に公開された映画『兄に愛されすぎて困ってます』で初共演。血のつながらない兄妹によるラブストーリーで、土屋が妹役、その妹に恋心を抱く兄を片寄が演じた。

「同い年のふたりはこの共演をきっかけに急接近し、太鳳さんはプライベートでも劇中と同じく、片寄さんを“お兄”と呼ぶようになりました。映画は2017年の沖縄国際映画祭に出品されましたが、沖縄でも太鳳さんと片寄さんの仲のいい姿が目撃されていましたよ」(芸能関係者)

 5年の月日を経て結ばれたふたりだが、周囲が驚いたのは、これだけのビッグカップルにもかかわらず、長期間の交際がまったく外に漏れなかったことだ。そこには土屋と片寄が徹底して守った「ルール」があったからだという。

「基本的にふたりだけで外食することはなく、外でのデートは我慢していました。どうしても外で会いたくなったときは、必ずほかに何人かの関係者を交ぜてカモフラージュする念の入れようでした」(ふたりを知る知人)

 ごく一部の限られた人しかふたりの交際を知らなかったため、しばらく片寄は“フリー”だと思われていたようだ。しかし、昨年夏頃に変化が訪れていた。片寄は名前こそ明かさなかったが、交際相手がいることを周囲にほのめかすようになったという。片寄の知人が明かす。

「去年の7月頃かな、涼太もいた食事会で、二次会は女の子たちと合流しようという話になった。そうしたら涼太は、『ぼくには大切な人がいるから、勘弁してください』と言い残して帰ったんだよね。そんなこと言うのは初めてで……まさかあのときはお相手が土屋さんだとは知らなかったけど、いま思えば、結婚を意識し始めた頃だったのかも」

今年7月にはドラマ出演の予定も

 固い絆で結ばれていたように見えるふたりだが、実は危機に直面したことがあった。交際を見守ってきた、土屋の知人が明かす。

「交際5年と報じられましたが、破局していた時期もあったと聞いています。太鳳ちゃんは交際を隠すことが苦手な子で、ここ数年こそ相手の立場を理解して“交際ルール”を守っていましたが、最初はふたりきりで外を出歩くことができない環境に疑問を感じていたようです。

 片寄さんとしてはお互いのファンを思いやっての行動だったのでしょうが、ふたりの考え方にすれ違いが生じて、しばらく距離を置いていたんです。太鳳ちゃんは一途な性格だから、その期間はすごく落ち込んでいました」

 土屋は、結婚を前提としない交際には反対という古風な一面を持つ。そんな彼女のまっすぐな思いが原因で、過去には交際トラブルが生じたこともあった。2016年3月、土屋は山崎賢人(28才)との焼肉密会デートが報じられた。

 前年にNHKの朝ドラ『まれ』に主演してブレークした土屋は、報道後にプロ野球の始球式に参加し、詰めかけた報道陣から「山崎さんとの交際は?」と問いかけられた。すると彼女は関係者の制止を振り切って足を止め、満面の笑みで「ありがとうございます」と応じたのだった。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン