グラビア

“TikTok女性日本一”の景井ひな 魅惑のトレンドガールが大胆グラビアに挑戦

景井ひなが美スタイルを披露した

景井ひなが美スタイルを披露した

 TikTokで国内女性最多の1000万フォロワーを誇り、“Z世代の旗手”として注目の景井ひなが、1月7日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』(6号)の表紙&巻頭グラビアに登場した。さまざまな水着や衣装を着こなしキュートな表情を見せてくれた景井が、普段の動画制作への思いや、2023年に頑張りたいことを語ってくれた。

 * * *

子どもの頃から何かを作るクリエイター気質

 子どもの頃の夢は、漫画家かデザイナーでした。よく絵を描いていたんですけど、お洋服も大好きだったので、自分で考えたオリジナルのお洋服のデザインを描いていました。雑誌や漫画などを見て、いいな、かわいいな、って感じると自分なりに絵にして表現したりして。元々あるモノより、自分で何かを作りたいっていう発想が強かったような気がします。

TikTokでみんなの身近な存在になりたい!

 TikTokを見ている方は、日本だけじゃなく海外の方も多いですし、年代の幅も広いので、誰が見てもわかるような動画が作れるように心がけています。でも、バズらせたい!とは全然思ってなくて。単純に、おもしろいと感じたものをみんなに知ってもらいたい、知らないなんてもったいない!っていう感覚です。

仕事の幅が広がった2022年はターニングポイント

 2022年は、色々なことに挑戦できて、新たな自分と出会えた年でした。それこそ初グラビアですし。2023年は、もっとお芝居を頑張っていきたいなって思っています。

 ドラマ現場は、たくさんのスタッフの方がいて、TikTokをひとりで撮影、編集していた自分にとっては、すごく刺激的でまた違う楽しさがあるんです。ひとつひとつ本当に勉強になることが多くて、とても充実しています。もしかしたら、2022年はターニングポイントになる年だったと感じるかもしれません。

【Profile】Hina Kagei
●1999年2月19日生まれ、熊本県出身。●血液型:A型。身長:158cm。●趣味:ゲーム、ファッション。●特技/激辛料理を食べること。
★2019年3月、友達のすすめではじめたTikTokがわずか10日間でフォロワー数10万人を突破。2年7か月後には1000万人を突破し、国内女性No.1を誇る。ドラマやバラエティ番組に出演するほか、TOKYO FMでパーソナリティとしてレギュラーコーナーを担当したり、『ポケモンSV公認PRメンバー』を務めたりと多岐のジャンルで活躍中。2023年1月14日に開催される「TGCしずおか」に出演決定。

【TikTok】@kageihina
【Twitter】@hinatter0219
【Instagram】@kagei_hina

(C)磯部昭子/週刊ビッグコミックスピリッツ

関連キーワード

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン