国内

猛烈な倦怠感、ドライヤーで息切れ、頭がぼんやり…「ワクチン後遺症」に苦しむ人々

(写真/アフロ)

接種後、さまざまな症状に苦しむ人も(写真/アフロ)

「ひどい胸痛と高血圧が続いて耐えられずに救急車を呼んだこともありました。重度の倦怠感で起き上がれないことも。接種から1か月後に首のリンパが腫れて40℃前後の高熱が9日間続いたときは、命の危険すら感じました」

 そう話す40代のA子さんは、椅子に座る姿勢を保つのもつらそうだ。A子さんが1回目のワクチンを打ったのは、新型コロナの第5波が収束した2021年10月。集団接種会場でのことだった。感染が落ち着いているうちにワクチンを打ち、次の波に備えようと思ったのだ。しかし接種から1分後、体に異変が起きる。

「急に手がしびれて、しばらくするとゴホゴホと咳が出始めました。おかしいな、とは思ったものの、その場ではそれ以上の症状が出ることはなく、家に帰りました。しかし、しばらくすると徐々に体の痛みやしびれが全身に広がり、喉がふさがっていくのを感じました」(A子さん)

 あの日から1年半近くたった現在も、A子さんはいまだに原因のわからない症状に苦しめられている。 

「“令和の運び屋”と言われるよう頑張りたい」──。

 当時ワクチン担当大臣だった河野太郎氏はそう宣言し、国を挙げて新型コロナワクチンの大規模接種を実施した。しかしその陰で、A子さんのように人知れず苦しみ続けてきた人がいる。

 現在、新型コロナワクチンによる健康被害が出た人を救済する「予防接種健康被害救済制度」で認定が下り、補償を受けたのは5941件の申請のうち、1459件。そのうち20件が死亡事例だった(2023年1月23日時点)。

 約8割近くがいまだ救済されないままであるうえ、さまざまな事情から申請ができない後遺症患者もいる。今春、新型コロナを季節性インフルエンザと同等の「5類」に引き下げられることが検討され、コロナ禍から脱しつつある世の中をよそに、彼らをとりまく状況は依然として厳しい。

洗濯物を干すだけ、ドライヤーを使うだけで息切れする

 死すら頭をよぎるほどの急激な体調の悪化はワクチン接種が関係するのではないか。そう疑ったA子さんは県立病院を受診したが、医師の反応は冷たかった。

「接種直後の異変は接種によるアナフィラキシー(急激なアレルギー反応)とされたものの、翌日から出た症状はすべてワクチンとは無関係だと否定されました。血液、レントゲン、心電図、CTといろいろ検査しても異常が見つからない。心因性と診断されて精神科をすすめられたのです。接種5か月後からは膠原病科に通院しています」(A子さん)

 その後も体調は完全には回復しなかった。現在、A子さんの症状はやや落ち着いたものの微熱や疲労感が毎日続き、関節の痛みや目と耳の不調に悩まされている。そのうえ、時々地震のような揺れや真下に引っ張られるようなふらつきに襲われると明かす。

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン