国内

猛烈な倦怠感、ドライヤーで息切れ、頭がぼんやり…「ワクチン後遺症」に苦しむ人々

(写真/アフロ)

接種後、さまざまな症状に苦しむ人も(写真/アフロ)

「ひどい胸痛と高血圧が続いて耐えられずに救急車を呼んだこともありました。重度の倦怠感で起き上がれないことも。接種から1か月後に首のリンパが腫れて40℃前後の高熱が9日間続いたときは、命の危険すら感じました」

 そう話す40代のA子さんは、椅子に座る姿勢を保つのもつらそうだ。A子さんが1回目のワクチンを打ったのは、新型コロナの第5波が収束した2021年10月。集団接種会場でのことだった。感染が落ち着いているうちにワクチンを打ち、次の波に備えようと思ったのだ。しかし接種から1分後、体に異変が起きる。

「急に手がしびれて、しばらくするとゴホゴホと咳が出始めました。おかしいな、とは思ったものの、その場ではそれ以上の症状が出ることはなく、家に帰りました。しかし、しばらくすると徐々に体の痛みやしびれが全身に広がり、喉がふさがっていくのを感じました」(A子さん)

 あの日から1年半近くたった現在も、A子さんはいまだに原因のわからない症状に苦しめられている。 

「“令和の運び屋”と言われるよう頑張りたい」──。

 当時ワクチン担当大臣だった河野太郎氏はそう宣言し、国を挙げて新型コロナワクチンの大規模接種を実施した。しかしその陰で、A子さんのように人知れず苦しみ続けてきた人がいる。

 現在、新型コロナワクチンによる健康被害が出た人を救済する「予防接種健康被害救済制度」で認定が下り、補償を受けたのは5941件の申請のうち、1459件。そのうち20件が死亡事例だった(2023年1月23日時点)。

 約8割近くがいまだ救済されないままであるうえ、さまざまな事情から申請ができない後遺症患者もいる。今春、新型コロナを季節性インフルエンザと同等の「5類」に引き下げられることが検討され、コロナ禍から脱しつつある世の中をよそに、彼らをとりまく状況は依然として厳しい。

洗濯物を干すだけ、ドライヤーを使うだけで息切れする

 死すら頭をよぎるほどの急激な体調の悪化はワクチン接種が関係するのではないか。そう疑ったA子さんは県立病院を受診したが、医師の反応は冷たかった。

「接種直後の異変は接種によるアナフィラキシー(急激なアレルギー反応)とされたものの、翌日から出た症状はすべてワクチンとは無関係だと否定されました。血液、レントゲン、心電図、CTといろいろ検査しても異常が見つからない。心因性と診断されて精神科をすすめられたのです。接種5か月後からは膠原病科に通院しています」(A子さん)

 その後も体調は完全には回復しなかった。現在、A子さんの症状はやや落ち着いたものの微熱や疲労感が毎日続き、関節の痛みや目と耳の不調に悩まされている。そのうえ、時々地震のような揺れや真下に引っ張られるようなふらつきに襲われると明かす。

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン