芸能

ミスターちん「B21は解散はしていませんよ」今もヒロミらとステージで歌やコントを披露

「芸能界で鍼灸師の国家資格を取って施術している人って、他にはあまりいないと思います」とミスターちん

「芸能界で鍼灸師の国家資格を取って施術している人って、他にはあまりいないと思います」とミスターちん

 ヒロミ(57)・デビット伊東(56)らと結成した3人組コントグループ「B21スペシャル」で人気を博し、その後、レポーターとして活躍するミスターちんさん(59)。2011年に鍼灸の専門学校に通い始め、3年かけてはり師ときゅう師の国家資格を取得。芸能活動をしながら、2018年に「はりきゅう治療院 ぶんのいち経堂」を開業した。芸能活動と鍼灸院の経営、両立させつつ活動続ける「今」を語ってもらった。【前後編の後編。前編から読む

 * * *
「はりきゅう治療院 ぶんのいち経堂」には頼れるスタッフがいるので、僕に芸能の仕事が入ったときも安心です。彼らに任せて出かけられますからね。芸能の仕事は、レポーターも続けてますが、俳優業の比重が高くなってきましたね。仕事が入ると、自分で自分に顔のリフトアップの美容鍼などを打っています(笑)。

 俳優の仕事が増えてきたのは、ここ10年ぐらい。去年は『仮面ライダーギーツ』(テレビ朝日)とか、12月には映画『僕らはみーんな生きている』で、意外に思われるかもしれないけど、初めて舞台挨拶を経験したんですよね。3月には久しぶりに舞台に立つんですよ。1か月稽古をして、恵比寿にあるシアター・アルファ東京の『いじけた神様』という作品で、総理大臣役を演じます。今年60歳になるのに、まだまだ、初めての経験ができることにワクワクします。

 僕はもともとダンサーやミュージカル俳優になりたくて、高校卒業後、大阪から上京してきました。22歳のとき、縁あってヒロミ、デビちゃん(デビット伊東)と3人で「B21スペシャル」を結成しました。コントもお芝居の要素が強いので、当時の経験は今の俳優業にすごく生きています。

「B21スペシャル」は解散はしていませんよ(笑)。たまーに、3人一緒に何かやるチャンスがありますね。ヒロミのYouTubeチャンネルでアポなしの直撃を受け、そのまま拉致されてデビちゃんのラーメン屋に行ったり、先日(2/3)のヒロミのバースデーライブにはサプライズで出演し、久しぶりに3人揃ってステージで歌やコントを披露したり。

 3人でずっと一緒に活動していた20代の頃は、コントのネタのことでぶつかったり、いろんな感情をもった時期もありましたよ。グループで売れた後、だんだんグループより個々の活動が増えていき、別々の事務所になり、60歳を迎えようとしている今になってまた一緒にやってみると、楽しかった昔のいい雰囲気に戻るんですよね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン